2012年06月27日

\(>u<)曹操が大好き方集まってください(>w<)/

1 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/20(火) 12:36:18.26
曹操についてでしたら、何でもいいですよ^^

曹操の功績とか、人物関係、エピソード、
私みたいに単に曹操が好き(−w−)/ な方、などどうぞ^^

もちろん、曹操の悪いところ所を指摘するのもいいですよ(−o−)/


13 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/20(火) 15:15:58.45
.       ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       (;´Д`)< すみませんすぐどかしますんで
  -=≡  /    ヽ  \______________
.      /| |   |. |
 -=≡ /. \ヽ/\\_
    /    ヽ⌒)==ヽ_)= ∧_∧
-=   / /⌒\.\ ||  ||  (´・ω・`) ←>>1
  / /    > ) ||   || ( つ旦O
 / /     / /_||_ || と_)_) _.
 し'     (_つ ̄(_)) ̄ (.)) ̄ (_)) ̄(.))




             oノ
             |  三   
 _,,..-―'"⌒"~⌒"~ ゙゙̄"'''ョ  ミ
゙~,,,....-=-‐√"゙゙T"~ ̄Y"゙=ミ    L____
T  |   l,_,,/\ ,,/l  |      ゚ ゚
,.-r '"l\,,j  /  |/  L,,,/
,,/|,/\,/ _,|\_,i_,,,/ /
_V\ ,,/\,|  ,,∧,,|_/
                                    ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                    d⌒) ./| _ノ  __ノ
59 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/24(土) 20:38:49.71
>>1
ここは曹操様を語るスレです。
3 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/20(火) 13:06:26.77
曹操が孔融を殺した訳は?
11 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/20(火) 14:02:57.83
>>3
曹操が孔融を殺したのは自分の為。
12 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/20(火) 15:12:00.63
丁夫人は曹操と離婚後どうなりましたか?
16 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/20(火) 20:06:37.03
>>12
曹操は丁夫人を連れ戻そうと、丁夫人の家まで赴き、いろいろ話しかけたが、機織りをしていた彼女に無視され、渋々帰った。
そして、曹操の正妻はベン夫人になる。
その後もベン夫人は丁夫人をよく訪ねていったようだ。
15 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/20(火) 16:04:37.54
曹操大好きものですが、
詩は曹操の「短歌行」とか好きだ
対酒当歌、人生幾何...天下帰心
21 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/21(水) 13:18:55.85
一尺23cmなので
曹操161cm
劉備173cm
諸葛亮184cm
劉表190cm
関羽207cm
張飛184cm

劉備が一番ふつうかな。
23 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/21(水) 15:50:12.91
「三国志演義」では
劉備、七尺五寸
関羽、九尺
張飛、八尺
曹操、七尺

但し、「三国志平話」では
張飛、九尺余

※漢尺は一尺23cm
魏尺は一尺24cm
この時代は普通漢尺の23cm使用。

だから張飛が劉備より背が低いことはないはずだ。
25 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/22(木) 00:05:28.83
曹操高陵の遺骨は夏侯惇のだと云う学者もいる。
もし本当なら、159cmの夏侯惇!
26 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/22(木) 00:20:45.09
曹操の墓は既にあばかれている
諸葛亮の子孫(勇ちゃん)によってあばかれたのだ

※民間伝承です
29 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/22(木) 00:51:18.05
>>26
曹操の墓をあばくとは、
諸葛亮の墓をあばきかえせ
確か定軍山に葬れとか 亮言うとったな
しかし、夏侯淵が殺されたのもここだ 
亮と淵が一緒に眠ってるとかzzz
30 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/22(木) 01:47:47.16
その民間伝承での曹操墓。ロマンが溢れすぎている。
場所は許昌城外から二、三里ほど離れた村の近くにある河のほとり。
なお、河の水を引かさないと見つけられない模様。


 _,,..-―'"⌒"~⌒"~ ゙゙̄"'''ョ  
゙~,,,....-=-‐√"゙゙T"~ ̄Y"゙=ミ  ← 急な崖
T  |   l,_,,/\ ,,/l  |   
,.-r '"l\,,j  /  |/  L,,,/
,,/|,/\,/ _,|\_,i_,,,/ /〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
_V\ ,,/\,|  ,, ●/        河(大きな渦がとぐろ巻くほどの超激流)
          ↑ 
         洞窟 (このなかに曹操の墓が隠されている。
                       近づいた者を切断する謎のからくり付き。) 
32 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/22(木) 02:09:19.71
>>30
まず、その時代の技術力で誰がどうやって作ったかだ

その作ったやつは曹操より優秀なのは間違いない
33 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/22(木) 02:16:08.00
>>32
木牛流馬を作った諸葛亮の可能性は?
31 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/22(木) 02:08:55.75
許昌行ったことないなあ
中国よう行くが、

というより、激流で墓作るの無理くねぇ ましてからくりとか
さすが、民間伝承
「史記」でも始皇帝陵にからくりがあるとあるから、墓は本物だったりして(*ロ*)
37 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/22(木) 14:21:03.87
曹操は身長が低いから、座るとき配下の人は座布団、自分はイス。
だから常に、上から目線
この頃、イスはシルクロードで伝わってきたばっかり。
38 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/22(木) 17:52:22.81
この頃なんて平均身長は150〜160くらいじゃねえの?
39 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/22(木) 18:32:49.61
>>38
たぶんそうだ
41 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/22(木) 20:07:36.48
>>38
まあ関羽の208打かは絶対盛ってるよな
そこまででかいとまず馬にろくに乗れん
42 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/22(木) 20:17:43.91
>>41
赤兎は格別とか
44 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/22(木) 20:39:51.87
>>41
そもそも、馬がサラブレット並みに大きいとか思ってないか?
日本の馬のように昔は小さかったはずだ
45 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/22(木) 20:46:51.32
>>44
思ってました(#w#)
46 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/22(木) 20:54:39.70
>>45
付け足し

しかし、前漢の武帝の時代から「汗血馬」という立派な馬を西域から
持ち込みつづけたから、
馬がでかい可能性もあるのでは? 
47 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/22(木) 20:55:13.25
>>42
赤兎馬が何種だったかわからんが、アハルテケでもサラブレッドより一回り小さいくらいの体躯しかない
2m超える甲冑付けた筋肉達磨背負って戦場を駆け抜けるなんて重種でもなきゃむりだろ
48 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/22(木) 21:06:58.36
>>41
やっぱ、結論としては、
関羽の身長には問題ありだな・_・
40 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/22(木) 19:04:47.44
〜質問〜
1、一番好きな曹操配下の参謀は?
2、一番好きな曹操配下の将は?
3、あなたが曹操なら跡継ぎは?

以上
43 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/22(木) 20:22:59.31
>>40
1、郭嘉(早死にで残念)
2、張遼
3、曹宇
49 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/22(木) 21:26:36.75
まあ2mが180?になった所で、当時にしてみりゃ大男に変わりは無かっただろうし
偉丈夫ってのは間違ってないんじゃないかな
50 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/22(木) 22:48:00.12
そんな2000年前の寸法なんて信用してないけどね
嘘っぱちと考えたほうが自然だよ
51 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/22(木) 23:43:41.07
曹操のすばらしきところ

孫子をまとめたこと
青州の黄巾残党をまとめて民への奪略を無くしたこと
屯田制を実施して餓死者を無くしたこと(この頃、エン紹軍は草を食べていた)
人々に土地を与えることで、流民問題を解決したこと
エン紹内通の手紙を焼いたことで部下の信頼を得たこと
失敗したら自分を責め、成功したら相手を褒める様にしたこと
身分に関係なく能力があれば誰でも受け入れたこと
詩が上手いこと
遺言が簡素であること
自分のために亡くなった者達に涙を流し部下の信頼を得たこと
52 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/22(木) 23:44:35.78
曹操のすばらしきところ

孫子をまとめたこと
青州の黄巾残党をまとめて民への奪略を無くしたこと
屯田制を実施して餓死者を無くしたこと(この頃、エン紹軍は草を食べていた)
人々に土地を与えることで、流民問題を解決したこと
エン紹内通の手紙を焼いたことで部下の信頼を得たこと
失敗したら自分を責め、成功したら相手を褒める様にしたこと
身分に関係なく能力があれば誰でも受け入れたこと
詩が上手いこと
遺言が簡素であること
自分のために亡くなった者達に涙を流し部下の信頼を得たこと
53 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/23(金) 13:52:17.85
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   / ̄ ̄ ̄ ̄ \ 
   |  (゚)   (。) |
   |┌  ⊂⊃ ┐| 
   |  \___/ | 
   \  \|/ /
    /       \
   | |      | |
56 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/23(金) 20:23:27.19
>>53
誰だテメェ
58 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/24(土) 18:49:53.04
>>56
テメェこそ誰だ
54 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/23(金) 17:17:06.03
曹操のすばらしきところ

子沢山に恵まれていること
配下に参謀が沢山いるところ
55 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/23(金) 17:28:32.06
曹操のダメなところ

人妻を奪うのが好きなこと
自分にとって煙たい存在の人を死に追いやったこと
自分の娘を無理矢理献帝に押しつけたこと
降伏者を殺したり殺さなかったり、反逆者を許したり許さなかったり、ややこしいこと
劉備を逃がしたこと
孔融を一家皆ごろしにしたこと
57 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/24(土) 18:05:53.06
[曹操の人殺し]
孔融一家
さいえん
えん紹の息子たち
さいえんの姪で曹植の妻
楊脩
呂布
陳宮
高順
董承一家
伏皇后一家
馬騰

並べてみると結構多い
64 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/25(日) 09:19:59.99
>>57
戦争で勝った相手は省くべきだろ
そんなの言ってたらキリがないはずだし
71 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/27(火) 06:57:45.41
陳寿って非道徳人間と糾弾されている人物だが・・・
72 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/27(火) 10:03:55.19
>>71
出世の糸口が見えた矢先に親が死んだんだよな
親が死んだら官職を辞して三年間喪に服さないといけない
陳寿はそれが悔しくて官に残ろうとしたと思うんだが、
お前はそれを非道徳と断じられるか?
73 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/27(火) 20:57:04.00
陳寿は当時の概念では親不孝者だが
今の感覚では特に糾弾されるほどの人物ではない

しかし何故か演義好きにはリスペクトされず糾弾される場合が多い
74 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/27(火) 23:03:59.40
曹操「俺の言うことは正しい。俺の成すことも正しい。俺が天下に背こうとも天下が俺に背くことは許さん」

かっけぇ・・・覇王らしい堂々たるセリフ
78 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/28(水) 00:18:10.44


>>74
完全にオナニー

75 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/27(火) 23:23:08.71
赤壁で呉にやられても、やられっぷりが悪くない
夷凌で呉にやられてた劉備なんかより全然カッケー
76 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/27(火) 23:34:04.36
>>75
変なのが来るからそういう比較はやめといたほうがよい
81 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/28(水) 18:23:01.97
天下統一できれば前例なく後世にも比類できないほど完璧だったのにな
普通だとあの流れであっさり統一に傾いてただろ
82 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/28(水) 18:32:52.23
人口流出と資源枯渇が痛すぎた
それに何だかんだで曹操って長江以北の人間だから、辺境には対応できなかったのかもしれない
荊州を征服した時にようやく南の人材を得る事が出来たので、そこから制度を整備するのには時間が足りな過ぎる
陳登あたりを中央で出世させる事が出来ればまた違ったんだろうが、彼はモロに地元志向の人間だしなあ
85 :無名武将@お腹せっぷく2012/03/28(水) 21:07:24.25
>>82
陳登は優れた人だったけど完全に土着だったからね
87 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/05(木) 20:22:00.00


曹操の身長は7尺(161cm)程度だったらしい。
161cmといえば、現代の男性ならばほとんどが161cm以上の身長だ。
つまりは小男だったといっていいだろう。
顔は極端に細い目が目立っており、かなり貧相だったといわれている。
色白だったが、鼻は高くなかったのだろう。そんな曹操は自分のこの貧相さを嫌っていた。
さらに、貧相な顔と小柄な体で怒った顔をしても、あまり迫力がないため、
他国の使者と謁見する際には自分の代わりを出し、自分は側から眺めていたこともあった。
晩年の曹操はとある戦いの時に流れ矢が飛んできて、前歯2本が折れたため、さらに貧相さが増したと思われる。
もっとも入れ歯や差し歯をしていたかもしれ ないが。


88 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/07(土) 19:51:44.04
>>87
使者がきたとき代わりとなったのはサイエンですね。
サイエンは後々曹操に自殺を命じられ哀れな最期を遂げる。
90 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/07(土) 23:25:51.72
>>88
マルチにレスしても仕方ないぞ
89 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/07(土) 23:00:17.81
すごく気になってることがあるが、
曹操が好きな人は何が原因で好きなのか?
曹操が嫌いな人は何が原因で嫌いなのか?

三国好きなみなさん答えていただければ幸いです。
91 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/07(土) 23:58:00.74
曹操が好きな理由:人間ぽいところ
曹操が嫌いな理由:曹操患者(ネトウヨ)がうざい
92 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/08(日) 05:16:37.46
>曹操のすばらしきところ
>孫子をまとめたこと


これ、今では嘘だとわかってるから
まとめてないし、注もつけてないよw
95 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/08(日) 16:06:41.11
>>92
そうなんだ。
97 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/08(日) 21:25:09.67
>>92
別にまとめてはないが注釈はつけてるんじゃないのか?
98 :曹時@丞相2012/04/08(日) 21:31:59.83
>>97
ややこしい。
誰か、はっきりせぇ。
96 :曹時@丞相2012/04/08(日) 21:21:22.12
我は曹操が好きじゃ。
政治力といい、軍事力といい長けておる。
99 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/08(日) 22:13:32.25
前漢の時代の墓から現在の孫子と同じものがでてきた。
これで曹操が孫子を残した・孫子に注をつけたという話が吹き飛んだ。
今では誰が最初に孫子と曹操を結びつけた捏造をしたのかって話になってる。
101 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/08(日) 22:40:37.95
いや、銀雀山版と現存版(曹操版)の内容がほぼ一致しただけって話なだけだし。
そもそも銀雀山版に曹操注ねーし。
つか、あくまで漢書芸文志の孫武孫子の巻数が過大だから、曹操がそれを整理したって話だし。
それが銀雀山版発見によって証明されただけだし
102 :曹時@丞相2012/04/09(月) 00:05:35.47
>>101
ほう、いい話が聞けてうれしいぞ。
103 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/09(月) 01:39:30.00
>>101
日本語でOK
105 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/09(月) 07:17:06.61
>>101
「〜だし」「〜だし」「〜だし」「〜だし」に終始してて必死だな
偉大なる曹操閣下が孫子と関係してないと精神が不安になることがよくわかった

104 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/09(月) 07:11:05.21
銀雀版にあった卒共が卒然に変更されたのも、
曹操のせいかもしれないって言われているし、
曹操編集を否定するのは難しいだろうな
106 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/09(月) 08:17:22.44
別に好きに精神鑑定してもらって構わないが、
内容に対する反論、例えば、曹操注が銀雀山に存在してたとか、
隋書経籍志あたりの、魏武注孫子って記述してある事に対する論評が欲しいな。
107 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/09(月) 08:51:02.90
必死すぎる
曹操と孫子に関係なし、という事実がこれほどのものとはな
108 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/09(月) 09:26:16.14
好きに判断していいから、
反論頂戴。
そこまでレスしてできないわけないよね?
109 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/09(月) 11:45:31.29
もうカマッテカマッテちゃん状態だなw
「反論頂戴」だってwキモw
111 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/09(月) 14:00:59.55
>>109
構ってちゃんで結構だから、孫子と曹操が関係ない理由をいって欲しいな
112 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/09(月) 20:12:58.78
>>111
そんな、構ってチャンを相手にすんな
113 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/09(月) 21:05:24.82
>>111
自分で構ってちゃんを認める曹操信者のブタを発見
110 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/09(月) 11:57:41.31
ワロスとしか・・・これで勝利宣言すれば立派な曹操患者の完成体・・・見守ろう
115 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/09(月) 21:57:00.31
曹操患者ってなに?
117 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/09(月) 22:20:53.84
>>115
ボキャブラリー足んない奴が考えたから・・・
116 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/09(月) 22:16:40.15
別に曹操信者でいーや。

とりあえず、説明するけど、
銀雀山孫子の発見によってどうなったかというと、
まず、孫子兵法と孫ピン兵法が別物というのが証明された。
両方が見つかったからね。
それまでは同一のものだったのではないかという説や、
曹操が孫武をかたって作ったのではないかいう説まであった。
漢書芸文志に83巻とかあって、現存孫子が13巻だからね。
次に、曹操関連に言うなら、現存孫子との同一性が見られたことにより、
曹操が肥大した孫子を整理したということになった。
上記漢書との整合性が取られてね。
あと、唐の頃は諸葛亮とかカクとかの孫子もあったらしい。隋書に記述があるからね。
で、結局残ったのは魏武注。なぜそれが魏武注と判断されるかというと、
杜牧とかと一緒の孫子、十一家注孫子があるから。

一応、上記したけど、曹操の時代の改竄といわれる所もある。
卒共→卒然への改竄ね。劉協(共)に対する諱かな、とね。
192 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/21(土) 22:42:58.76
>>148
>>116
118 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/09(月) 22:29:08.50
曹操患者=北朝鮮の将軍サマをマンセーするのと同じように曹操をマンセーする者
他に曹操信者・曹操厨といった呼称もある。
120 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/09(月) 22:46:52.19
>>118
ありがとうございます
北朝鮮のマンセーとは違うが、
曹操様はマンセーします。

しかし、曹操患者という言い方響き悪いですね。
122 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/09(月) 22:55:59.73
>>120
な?ネーミングセンスねーだろ?
119 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/09(月) 22:34:38.93
曹操厨があの調子なら、いきなり曹操は「砲術の専門家」と追加しかねませんなw
あと曹操厨のいきなりの火病はなんとかならんのかw
127 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/09(月) 23:39:10.76
そうだよ。
曹操様は偉大な曹操閣下。
いくらでも従います。
138 :琥珀 ◆KohakuA1qc 2012/04/11(水) 01:21:55.46
曹操すきだけど
三国志のゲームするときは劉備だわw
いきなり沢山支配してるとわけわからん。
139 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/11(水) 02:33:54.30
>曹操の墓をあばくとは、
>諸葛亮の墓をあばきかえせ


あの狂った文化大革命の紅衛兵ですら上の命令で不可能だったというのに
おかげで孔明の墓の中にある劉備の墓(恵陵)も無事だった
今では死後も孔明は劉備を守ったという美談になってる
140 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/11(水) 05:59:06.74
結局、曹操は孫子に注釈をつけたのかどうか
148 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/11(水) 22:05:38.42
>>140
>結局、曹操は孫子に注釈をつけたのかどうか


まったく関係ない
孫子を後世に残した・孫子に注をつけたは完全な都市伝説
曹操患者は酒の造り方も曹操のおかげで残ったと、相変わらず暴走してるがw
151 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/11(水) 22:20:51.71
>>148
ソースキボンヌ
154 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/11(水) 22:49:04.91
>>151
醤油で勘弁してやれよ
141 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/11(水) 18:16:48.11

曹操の実績は全て虚像
他人の手柄を自分がやったように見せてるだけ
実は大したことない
145 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/11(水) 20:12:04.67
>>141
具体的には?
146 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/11(水) 21:30:46.64
>>145
脳内妄想でした、ごめんなさい
147 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/11(水) 21:52:46.08
中国では劉備・曹操・孫権の3人はどれも天下を統一できなかったので英雄ではない
とされている
そのため三国時代を『英雄不在』の人民には不幸な時代とされた
150 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/11(水) 22:18:40.09
曹操じゃないが、中国で最初に七言詩を作ったのは彼の息子の曹ヒらしい。

「三曹」とは曹操 曹ヒ 曹植
155 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/11(水) 22:58:15.95
曹操患者は事実をねじまげるのにお上手
酒は元々あったのだが、それは今に伝わる酒ではないとの曹操患者の珍説
今、伝えられてる酒は曹操が残したもの・・・と意味不明なうわごとを繰り返してるw
165 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/14(土) 11:47:54.23
数字は信用無いがデカイって奴はデカかっただろうと思うよ
166 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/14(土) 11:50:36.61
○○のデータは信用がない、とか言い出したらキリがないな。
全部それで通ってしまう。
171 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/14(土) 16:15:27.77
曹操っていいよなあ。
息子が25もいるとか。
跡継ぎ争いもさぞ激しかったのだろう。
177 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/14(土) 21:41:18.14
弟たちが自害する中
国を売り渡してでも貪欲に生き残った彼
179 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/17(火) 03:20:35.75
だれ?
180 :曹崇@洛陽北部尉2012/04/17(火) 19:32:08.26
>>179
劉備
189 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/21(土) 19:52:47.60
前歯ポロポロ。
こんな彼を想像してみたくなかったがしてしまった。
191 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/21(土) 22:17:41.96
まさに曹ブタだな
195 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/22(日) 00:35:21.77
>>191
ひどい...
193 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/21(土) 23:46:11.88
目はチョンかラーメンマンのように細く、背丈は160cmも無く小さい
怒っても迫力の出ない貧相なオッサン

晩年、前歯折られながら敗走


  こ れ ぞ 曹 操

194 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/22(日) 00:10:58.58
だから、何で160cmって言い張るのさ
何も根拠すりゃねーのにさ
196 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/22(日) 01:56:16.08


>>194
三国志の背丈なんてみんなおかしいくらいデカい計算になるからな
劉備や関羽・諸葛亮とか高身長だし

そう考えると現実的には、みんな実際はもう少し小さかったのかもしれん
単位の測り方が今とは違うとか

曹操は150cm前後だったと考えたほうが妥当だよな

199 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/22(日) 07:35:51.99
>>196
その三人も怪しいからな
197 :無名武将@お腹せっぷく2012/04/22(日) 02:38:56.06
当時の平均身長がどれぐらいなのかによるけど160cmあるとしたら小さいとはいえないと思う


vip_2ch_news at 01:11│Comments(0)TrackBack(0)三国志・戦国 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字