2011年02月11日

北方三国志・第十九幕

1 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/03(金) 21:15:34
「今回の働きで官位を受けることになる。しかし呂布にとってそんなことはどうでもよかった。」
この本編の一文から、つまらない事にはこだわらないのが男というものだと学んだ。
また、寥化の言葉
「大殿も関羽殿もどこかで我々を見守っていてくれているのでは、と思いたいのです。」
これは三国時代終盤、蜀の粒が小さくなった武官を象徴する台詞と思えた。
俺はこれまで、ただ己の志に殉じて北方三国志スレッドを立ててきた。だが、11月28日、新宿での
講演会で謙三殿が、
「一期一会なんて言わず、また会おうぜ!!みんなの顔がハッキリ見たいんだよな〜。」
と仰せになられたそうだ。ならば、もしも謙三殿が本スレッドをご覧になられていたら・・・
そんなどうでもいいことを、今回少しだけ意識してみてもいいのではないか。
我等全軍十余名で、謙三殿の目に触れても恥じぬスレッドを築いていこうではないか。

過去スレ
第十八幕 http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1274928519
第十七幕 http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1260525086
第十六幕 http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1253011856
第十五幕 http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1231415547
第十四幕 http://ex24.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1215062337
第十三幕 http://ex24.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1196766568
第十二幕 http://ex21.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1166355601
第十一幕 http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1146230397
第十幕  http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1126047777
第九幕  http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1118023831/
第八幕  http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1112550575/
第七幕  http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1107877650/
第六幕  http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1089045582/
第五幕  http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1076927988/
第四幕  http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1060961447/
第三幕  http://hobby.2ch.net/warhis/kako/1051/10518/1051803014.html
第二幕  http://curry.2ch.net/warhis/kako/1021/10215/1021526273.html
第一幕  http://curry.2ch.net/warhis/kako/1003/10032/1003229239.html




3 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/03(金) 21:25:10
953 :北方謙三講演会レポ2:2010/11/28(日) 20:59:04
会場は300人が満員。いままで水滸伝108豪傑にちなんで108人だったのが、第二部完結ということで増やしたみたい。

みんなの顔がハッキリ見たいんだよな〜。とも言っておられた。
また酒を一生懸命作ってる若い農家に、「小説も君の作ってる酒と同じで、人生に必要ない。でも、この小説で救われたって人がいるかもしれない。俺も、いっぱいの酒に救われたことが何度もある。おい、一緒に美味い酒作ろうな」と呼びかけておられた。
この農家が水滸伝の豪傑に捧ぐ酒としてプレゼントするために今日持ってきてると言ったら、すごく喜んでた。「酒、ちょうだい、酒」って。

最後はちいちゃい女の子に花束渡されて満面の笑みでした。嵐にしやがれ!元旦スペシャルに出るからよろしくって言ってました。

955 :北方謙三講演会レポ3:2010/11/28(日) 22:38:37
ちょこちょこ思い出しながらなのでたどたどしくてスミマセン

海は好き。でも、海が創作の場所かっていうと違う。
こないだも、水滸伝の豪傑のあだ名を考えようと思ってクルーザーで海に出たら、釣りばっかりしちゃって
あー楽しかったって、陸に上がって思い出して、あ、いけね、あだ名の二つ三つ考えようとしてたんだ、なんて思い出したり。

あと、米軍の潜水艦がグングン避けずに近づいてきやがるからこっちも結構近づいてみるんだよね、そうすっと、退け!って言われる。
仕方なくどいてやると、米軍が敬礼してるからこっちも敬礼し返したりすんだよね(笑)

海上自衛隊には、船覚えられちゃって、あそぼうと思って近づくと「北方さん!!今日は本当に近づかないでください!!」なんてスピーカーで怒られちゃうんだよ

海ではそうやって遊んでます。あと、俺がいる時は、海辺の別荘に梁山泊と替天行道の旗をかかげんだよ。かっこういいだろ?

4 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/03(金) 21:28:01
966 :無名武将@お腹せっぷく:2010/11/30(火) 21:22:47
北方先生が最後に、

みんな、今日は山形とか遠くから来てくれて、本当にありがとう。
入り口で積んであったサイン本(楊令伝の最終巻のサイン付が入り口で販売されていた)、あれ皆にプレゼントするんだろうと思ってたらさ、
もう売っちまったとか言ってるんだもの、ったくしょうがねー連中だ(出版社のことw) でも、何か皆にプレゼントをと思ってね。

今日は全員分、ボクの文庫本をサインを入れてプレゼントします(会場歓声)。あのね、文庫本で適当だから、
上下巻の下、が入ってたりしても文句言わないようにね(笑)。果たして、会場出口で手渡された袋には、文庫本と、先生のサインと印が押してありました。

「檻」という、先生の初期の作品だ。正直歴史物しか読んでなかったけど、何より北方先生の気持ちが嬉しかった。
超多忙、まぁこの数週間は超暇らしいがw300余冊、サインしてくれたんですよ

5 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/03(金) 21:29:02
971 :966:2010/11/30(火) 23:33:09
>>967
それをしたら男が廃るでしょう。北方先生の気持ちを踏みにじるような真似は誇りにかけて出来ないよ。

当日の北方語録
小説に終わりがあるのか?良く聞かれる・・・僕はね・・・小説が終わるのは、小説家が死んだ時、そう思ってる。もう、一文字も書けない。
でも、一日一行しか書けなくても、それでも書くんだよ。小説家ってやつはね。そうしてる限り、何を書いていても、その小説家の世界は死なない。

一期一会の出会いっての、あるね。ぼくは石原祐次郎さん。忘れないよ。ボクは中学生でさ、赤いオープンカー。そうとしか言えない、その赤いオープンカーが信号でキッと止まった。
当時は不良の代名詞だったアロハシャツに、ペンダントにサングラス。それが歩道にいた僕を見てニコッと笑ったんだ。「おい、ぼうず。サインしてやろうか。」
もう、ボーっとして一生懸命肩掛けカバンをひっかきまわしてさ、エンピツと、代数のノート出したんだ。サングラスの柄を口の端にくわえて、サラサラっとサイン書いてくれて、
まだ、ボクに何か言おうとした。そこで信号が青に変わった。「じゃあな。」って走り去っていったんだ。

もう、あの口調も忘れてないよ。「おい、ぼうず」ってね。眩しかった。翌日学校でサインを見て夢見心地になってたら先生に没収されちゃった。
当時は親も先生も、太陽族なんて不良だから近づくな見るな、って。でも、僕はあの人はあんな優しかったんだ。よし、僕もあんななるぞ!!ってね(笑)

小説家で売れた頃、小説の映画化で、僕が唯一といってもいい、俳優をイメージした、つまり裕次郎さんをイメージした登場人物について石原プロと話したんだ。
「石原って裕次郎さんですか?」って聞いた僕に。「もちろんです。この話をまとめてお食事でも、と石原が言ってます」って会社の人が言うんだよ。
もう、出演料は要りません!って言ってさ、楽しみにしてたらもう、倒れられて、何度も。そのまま亡くなってしまった。ボクと裕次郎さんは、あの、中学生の時、あったきりなんだ。

その兄貴(石原慎太郎氏)とは今でもしょっちゅう会ってるのに。っていうか、呼び出されて、何度も無茶なことさせようとするんだぜ。
いつも俺に好き勝手言ってさ。もう会いたくねえよ(笑)なんでかなぁ。人生、こういうのあるよね。

ボクも小説家で売れた時、赤いスパイダー(オープンカーのこと。北方先生の歴代の愛車マセラティのどれかと思われる)を買ってね。
信号が黄色になったら、普通はビューっと飛ばして行っちゃうでしょ。僕は違う。もうスルスルっと止まっちゃうんだ。
んで、周りを見て中学生の坊主を探すんだ。あの時の裕次郎さんみたいに。「おい坊主。サインしてやろうか」ってね。
でも、サングラスかけたボクの顔見ると、坊主がいても逃げちゃうんだな(会場爆笑)

うまくいかねーや

6 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/03(金) 21:29:49
972 :966:2010/11/30(火) 23:44:53
ボクには娘が二人います。自分では嫌われてないなと思ってます。
オナラをすると「お父さん、臭い!」って言われます。でも、部屋を出て行っちゃったりとかはしません。

「友達を裏切るな」「約束は守れ」「卑怯なことはするな」こんなことだけ言い続けてきました。
言い方、もう少し上手なのもあったんだろうけど、娘から「お父さんは私たちを男と思って育てたでしょ」って言われます。

でもね、男も女もないんだよ。卑怯なことするなってのはね。あ、こないだ、娘と犬の散歩してました。
そしたら近所の人が、俺のこと知らなかったんで「あの、お父さん?ひょっとして定年??」って聞いてんだよ(笑)

あ、こないだ孫が生まれました(会場拍手)。ありがとありがと。でもまぁ、これお礼言うもんか?笑
だって俺は周りに、「爺さんなんて言ったら殺すぞ」って言ってんのに、自分で孫抱いて「おお、おお、じいちゃんだよって」言っちゃうんだよ!!
まいるよなぁ・・・でも、男の子なんでね。嬉しいっす。








もうね、北方先生好きすぐるよ。俺には。会場の皆も。

好きな作家ベスト10にはあまり上がらず、せいぜい20-30で出てくる先生だが
ファンが熱いんだね。流行り廃りで謙三タンwについていってるんじゃないんだよね。
ここにいる皆さんもそうなんだね。うれしいゆお

7 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/03(金) 21:30:26
世の中にはいそうにない、みごとなスレ立てをする男がいるものですな
9 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/03(金) 23:08:52
>>1乙
北方先生の生き様カッコイイな
11 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/06(月) 15:17:53
北方殿も、見ておられるのだろうか。
下品なレスなど、見せられぬな。
12 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/07(火) 11:32:51
しかし下でも容認してくれそうな大器、そのような印象もあるのです。
13 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/07(火) 16:26:35
北方は、話していた。葉巻で神経を研ぎ澄ませ、原稿を書く。酒で神経を抑え、眠りに着く。
俺は酒もタバコもしない。化学物質なんかで自分自身の精神を左右されたくない。
行動選択と意思決定は自分自身でしたい。
と、思っていた。
だが、最近ストレスと孤独に負けてヤケ食いが止まらない。精神安定のためなのか
チョコレートをぱくついている。いや、チョコを辞められない自分を正当化するだけの
ために精神安定とかストレスとかいっているだけかもしれない。
人間は外界の様々なものから影響を受けながら生きる。
ニコチン、アルコール、ポリフェノール・・・ただの味の好み・・・

ソープにでも行って女でも抱くか。
14 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/08(水) 05:16:33
>>13
とっととソープへ行け!小僧!
15 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/08(水) 11:02:34
>>1乙
前スレはdat落ちしちゃったのか
16 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/08(水) 11:44:32
>>13は倦んでいた。
17 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/08(水) 13:15:31
レポを見た。
やはり氏は、リアルでも変わりない。
まるで、小説で言いそうな、言葉そのままだった。
18 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/11(土) 10:46:05
19 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/11(土) 11:02:13
>>18
なんなのだ これは
21 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/11(土) 14:05:11
>>19
たぶん、北方作品で徹底的に出てくる、獣の丸焼きの腹に薬草だのご飯をつめた、
読むとさぞ美味しいと思われる、野戦料理を一生懸命実行してみたレポだろう。
これでは本当にタダの丸焼きで美味くもないだろうが。

北方料理語録

棒は結構料理をします。まぁ8割くらいは、これは美味い、って思うのを作れるようになってると思ってます。
家の台所で料理をすると、数日台所を占領しちまうから、女房に「出て行く」と言われてるんで、海の別荘にこもって料理します。
カツオとかもね、もう、三枚におろしてガーッと食う。親の敵のように。
ビーフシチューもなかなかのもんだと思う。牛のゴロッとした大きい肉を、煮込む。それで冷蔵庫で冷やす。
表面に浮く脂はスプーンで取るんだ。脂は多すぎると美味くないからね。
そこで野菜とか香草とか入れて煮込むんだ。これは、美味いよ。
24 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/11(土) 16:07:24
中国かもしれないけど、いずれにせよこれはただの丸焼きだよね。

北方風戦場料理じゃない。くりぬいた豚の腹に、香草や笹で巻いた粽を入れて、丸焼きにして粽を蒸しあげるとかではない。
28 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/13(月) 21:54:53
三国志の中では馬超だろうな。
正史三国志では、病死したらしいということだが、
強引に袁琳と結婚して戦場から遠退いたということにした。

29 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/14(火) 09:27:02
>>28
馬超を生かすのは規定路線だよ
30 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/14(火) 21:55:42
>>28
けど馬超は作中で一回死んだんだけど生き返らせた、という事じゃないじゃん
死体が出てないとかそういう描写なかったしね
違う人物だよ
31 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/15(水) 11:29:06
ここには、謙三殿の水滸伝と楊令伝を読んでいる人はいないのだろうか…
32 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/15(水) 13:41:03
いると思うけど、スレチだから話題に出さないんだろう
33 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/15(水) 18:59:48
謙三殿の歴史物は大抵の物は読んだがな
史記武帝記での李広の扱いは泣けるものがあった
34 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/15(水) 22:36:33
三国志は北方先生の中で、中国史のダイナミズムに触れる転換点となったみたいだね。
講演会で言っておられた。

しかし、三国志で何幕も続いてるもんなこのスレ。水滸伝スレはすぐ消えてしまうし。
水滸伝は豪傑に関しては三国志より生き生きと描けていると思うけど、ここで話すのはどうなんだろうねえ。
話したいけどねぇ。

http://www.shueisha.co.jp/suikoden/detail/event7/index.html
殺した人を生き返らせる悪ふざけは上記リンクからどれか質問を選んでみて下さい。
北方先生の悪乗りが見れます(笑)
35 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/16(木) 00:01:51
>>32
生き返った人が誰なのか出てこなかったから、あんまり読んだ人がいないのかなと思ったんだ
36 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/17(金) 17:10:20
ボーナスが出た、公務員に比べれば安いものだが金は金、である。

良い女を抱きに行く、悪い考えではなかった。
37 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/17(金) 17:46:40
貯金、という手もあります。
何が起こるか判らない世の中、いざというときのために備えるのです。
いま、この国は腐りきってしまっていますし。
38 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/17(金) 17:51:06
お前はまだ若い、惜しむことなく自分のために投資せよ。
それが、ソープであろうと構わぬ。
40 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/17(金) 21:11:21
期末手当が出た。街ではボーナスと呼ぶものだ。手取りで40万円ほどだ。32歳になった。
ここ数年で金額はずっと下がり続けている。でも街に出れば、毎日食うだけで必死の若者がたくさんいるのだ。
家も買っていないので、借金もない。月々の暮らしは、豊かではないが、苦しくはない。

役人は嫌われる。日本という国の歪みが、ひずみが、普通の暮らしをしている人の心を荒ませる。国への不満は、役人にぶつけられる。仕方ないことだ。そう思った。

それでも、また役所へ登庁する。目の前の仕事は山積しているのだ。これで救われる人も幾らかいる。
そう思いながら、今まで働いてきた。これからもそうだろう。

酒を、飲み下した。喉の奥から胃の腑に、苦さが拡がった。
41 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/17(金) 22:49:00
>>40の首を刎ねよ
役人は生きているだけで罪なのだ
42 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/17(金) 23:44:07
いい役人
悪い役人
そういうことがある、という気がします
43 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/18(土) 00:16:15
>>42のような輩がこの国を腐らせたのだ
北方氏の著作から、何を学んだというのか

>>42は直ぐにこのスレを去れ
さもなくば、斬る
44 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/18(土) 09:37:15
もうよい
以後、>>40>>42に触れることを禁ずる
45 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/18(土) 10:52:11
みんな役人に厳しいな
32歳でたったの40万しか手に入らないんだからかわいそうだと思うが…住宅手当もたった月額27000円まで、社会保障も大したことない…
競争のある職場じゃないから人間的にも成長していない…区役所にいけばどれだけぬるい仕事してるかみんなも目の当たりにしてるだろうに…
今後給料水準の上がることのない可愛そうな仕事だ
仕事内容のわりに給料が高いといえばその通りではあるが だが32歳で40万はあまりに少なすぎる
46 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/18(土) 11:41:25
>>36は、がんばっているでしょう
憎むべきは、安寧を貪る、彼の上司なのでは、ないでしょうか
47 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/18(土) 12:48:05
役人の給与は、高すぎる。
今後、下がる一方だとは言え、高すぎるのです。
49 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/18(土) 17:14:23
今よりこの世を良くすることが出来ると言い切った陳宮
しかし彼も、今日蔓延っている役人レベルではないかと、私は思ってしまう。
50 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/18(土) 19:26:34
>>49
たった一人でいい
朝から晩まで身を粉にして働き、
私腹を肥やすことがない役人を儂の目の前に連れてきてみろ
51 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/18(土) 20:59:12
呂布殿が国を造り、王になっていれば、恐らく、陳宮殿も役人になられたのです。
しかし、役人になっても、陳宮殿は陳宮殿でございます。
役人を、腐ったものとして一纏めにするのは、いささか強引ではないでしょうか。
52 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/19(日) 11:21:15
>>50
馬良という有能な役人がおります
53 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/19(日) 19:12:14
>>51
ここは、ネットの海なのだ。
皆、2ちゃんに毒されている。
役人憎しとしか言えぬ者がいるのも、仕方がないことなのだ、分かるな?
55 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/20(月) 09:11:54
偏見で、>>50殿のようなことを本気でいう人などが、多すぎるのです。
それは、いまの中国人や韓国人などが日本を見る目と、何も変わらない。
もちろん、>>50殿は戯れでしょうが。
56 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/20(月) 14:41:27
>>55は才が走りすぎている、という気もするのです。
57 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/21(火) 11:44:34
寒い、明日から雪が降るという伝令が届いた。
そろそろ三十路に差し掛かる、嫁どころか彼女すら見当たらぬ、男のみの環境で戦い抜いてきた。

婚活、その二文字が脳裏を駆ける、間に合うだろうか。
61 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/22(水) 18:13:09
童貞さえ守れぬ漢になにが守れるというのだ

気がつくと頬が涙で濡れていた
62 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/22(水) 18:21:20
将軍は、聖夜をどう過ごされるのですか。
63 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/22(水) 18:24:10
いいか>>62
オレは浮屠なのだ
二度と聖夜の話などするではない
64 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/22(水) 19:52:57
伝統芸能の継承者である、あの小杉将軍ですら結婚したというのに。
65 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/23(木) 02:59:55
>>64
小杉将軍は、漢の中の漢です
66 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/23(木) 16:57:24
http://www.okasan-am.jp/fund/top/index.php?id=7

俺は闘わずして勝つ経済戦術を確立してしまった。
毎月\400,000の分配金を手にしている。
しかし、この生活は生きながらの死のようなものだ。
つらい。
父親が始めた闇塩から始まり、様々な収入から十二絵巻を
100,000,000口、手にしてしまった。
早朝の闇塩の運搬は8時に終え、週3回老人介護の、
週2回友愛学校のボランティアをしている。
俺が歩むべき道は?俺が抱くべき志は?
諸君ならどう生きる?
68 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/23(木) 18:42:13
>>66
なんか昔に流行ったネットのギャンブルで儲けたコピペみたいだなw
70 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/24(金) 16:22:24
>>66は、三方向から飛んでくる精を同時に掴むことができた。
72 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/24(金) 18:04:16
考えてみたら三方向から来る矢を同時につかむとか無理だよな
さすがの呂布でも腕は二本しかない訳だし
74 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/24(金) 18:16:39
>>72
左手+右手+口
これで3方向までなら対応できるぜ。
75 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/25(土) 00:02:42
危険だ、危険すぎる。
76 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/25(土) 10:27:06
両手のひらと喉を射抜かれた>>74の屍が見つかったのは
翌日の昼前のことだった。
77 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/25(土) 12:58:16
以前、友人が言っていた12/24にソープに行く、というのを試してきた。
クリスマスソープ。響きだけは、良い。
78 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/25(土) 13:02:55
>>77に、黙って杯を差し出した。
79 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/25(土) 15:10:56
大晦日ヘルスなら、私にも経験がございます。
84 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/26(日) 22:13:43
馬超「張衛と一発やったということか?!」
哀琳「・・・。」
85 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/26(日) 23:08:41
袁リンたんの産んだ子は張衛の子か、それとも馬超の子か
考えても虚しいだけではあるがな
86 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/27(月) 01:43:46
牛志殿、董家の子孫を残すためとはいえ、馬超殿が不憫ではないか。
88 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/27(月) 08:11:18
ソープに行けばよいではありませんか
89 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/27(月) 10:31:54
そういうことではないのだ。
>>88も、よく分かっているだろう?
90 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/27(月) 13:13:13
全軍十余名の中に彼女持ちはいなかった。
91 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/27(月) 15:33:32
>>90の両側にいた十余名が一斉にうつむいた。
93 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/27(月) 20:32:45
彼氏持ちなのです。
94 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/27(月) 20:36:45
女の体など柔らかくて気持ちが悪い
そうだろう?>>93
95 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/27(月) 22:21:31
>>75は
放たれた矢を口で受けるか
放たれた精を口で受けるか
>>74の屍を見下ろしながら
考えていた。
98 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/30(木) 14:09:59
故郷へ帰る、親類の待ち人が1人いない、来れないではなく、世にいない。
天命は平等なものなのかと考えてしまう。
99 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/30(木) 14:33:45
しかし、>>98の心にいまでも残っている。どこが、というのでなかった。
その声、馬上の姿、構えた槍。
102 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/30(木) 16:28:21
>>98
親類がいないのに帰郷する意味は?
103 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/30(木) 17:42:58
>>102には、友達というものが、いなかったのだろうか。
そう考えただけで、肌に粟が立った。
104 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/30(木) 22:37:21
>>98は、一人もいない、ではなく、一人だけいない、ということではないかな。
私も先日祖父を亡くしたが、涙は出ないのに時折どうしようもない切なさが襲ってくる。
106 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/31(金) 14:19:24
お祓いが、必要だな
それは
107 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/31(金) 14:54:02
>>106
お祓いなどと、気でも違ったか
110 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/31(金) 21:30:34
土と語る、何も答えがなくとも、己から語りかける。
否、耳に聞こえしは己の嗚咽だと
111 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/31(金) 22:17:00
土と語っているのかと思ったが、下を向いて携帯で話しているだけで
あった。
112 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/31(金) 23:22:12
「しかし」
と一言出すが、次の言葉が続かない、そういう場面は
北方三国志の中にそんなに多くあったか、
それとも、
文章力がないスレッド住民の規制解除確認の試しに
過ぎないのか。
周瑜に益州侵攻の同行を許されぬ陸遜が
「しかし」を声に出していた。
それから、官渡での曹洪も「しかし」を口に出した。
烏巣攻撃を自身が指揮すると言った曹操に向けての
言葉だった。

4−288
113 :無名武将@お腹せっぷく2010/12/31(金) 23:46:22
今年は2010年。平成22年ということですか?
馬岱には言わなくてもいいことを言ってしまう癖があった。
馬超には、それが、まるで、無かった。
115 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/01(土) 02:33:41
本気を出すのは、来年からだ。
それでよいな、軍師殿?
116 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/01(土) 03:52:01
お前ら、あけまして、おめでとう。
ただ、それだけだった。
118 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/01(土) 11:45:50
>>115
確か去年も、同じことを言われましたぞ
120 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/01(土) 12:39:28
孫権は千円しかお年玉を寄越さないのか。
孫権のケチ野郎め。
121 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/01(土) 12:58:47
孫権のような内向きな男では、乱世は戦えますまい。
そのうえ、人心まで離れては。
123 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/01(土) 15:15:55
時代次第で名君、暗君と変わるものなのだ
そして、明けましておめでとう
125 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/01(土) 21:31:08
阿会喃・郭図・文醜
このAKB48の三将は劉備軍の宝です。
127 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/04(火) 11:18:46
夢が始まる・・・。か。

小さなささやかな軍勢だった。どんな大軍よりも勝っている、
と関羽は思った。目指すのは天下なのだ。
城兵の声に送られて、涿県を出た。関羽と張飛は、劉備の
両脇についた。荒野。踏み出して行く。風が立った。
新しい生がこれからはじまるのだ、と関羽は思った。
夢も、これからはじまる。

1−49
128 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/04(火) 12:40:42
北方さん荒らしの番組にでてたな
129 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/04(火) 18:56:07
>>128
ええ。ジャニファンが見る番組なので、悩み相談っても軽い内容の受け狙いの愚問ばかり。
そんな中、桜井の悩み「初夢を見たことがないんです」という物に対する、先生の答え

「男ってのはな、夢は見るもんじゃない。追いかけるもんだ。目を開けて、夢を追いやがれ」 場の雰囲気がグッとなったね。バラエティだけど。
また北方さんもキャラ作りでマフィアっぽくしてんだけど、優しい眼をしてるんだよね。小僧たちへの愛情があふれてるね。
131 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/04(火) 19:10:58
どうあれ謙三殿がテレビにでるのはよいことだ

そういやちょっと前に、宮部みゆきとあと1人作家と3人で話してる番組もやってたな
日曜の朝の番組だったかな
132 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/04(火) 19:12:39
講演会で仰っていたことには、小説も一息ついて、テレビでキャラ作ったりと適当に遊びます。だそうで。
嵐の番組は楽でいいんだよ(笑) 小僧どもを睨みつけて好き勝手説教していればいいからね。とのこと。

これも先生独特の照れ隠しだと思うけどね。もうすぐ岳飛伝も始まることですし
136 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/15(土) 18:21:57
ここも人が減って、寂れてしまいました
蔡瑁あたりが言ったのでしょう、ここには兵3人もいれば充分だと
137 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/15(土) 19:34:27
関雲長帰還出来ず。そうつぶやくと、関羽は終電が、行って、
しまった、ホームで倒れた。
138 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/16(日) 00:23:55
>>136
命じていただければ、偽兵の計を用いますが。
140 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/17(月) 19:41:12
諸君の職業は何だ。
収入と最終学歴は。
全軍の戦力を把握しなおす。
142 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/17(月) 22:51:16
「よく言った。その首をねじ切ってやる」

>>140の笑いが、凍りついた。
143 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/17(月) 23:09:07
>>143はうつむいた。
144 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/18(火) 13:13:15
高卒派遣社員 乙
145 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/18(火) 19:27:35
>>144
俺は
146 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/18(火) 19:38:12
よせ、>>145。
147 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/18(火) 22:02:49
お前の悪口を言ったのだぞ、>>146
150 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/19(水) 23:36:03
劉「子龍は相変わらず独り身か。」
張「兄貴、こいつは女嫌いだから。」
趙「そんなことは無い、おまえの蛇と同じで、形がわからなければ大丈夫だ。」
関「何が大丈夫・・・」
孔明はうつむいた。
152 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/20(木) 10:47:46
つまり趙雲は、目隠しプレーが好きなのか。
153 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/20(木) 21:17:47
趙雲の剣が、>>152の首を飛ばした。

つまらぬ男だった、という気がする。
154 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/20(木) 23:30:00
漫画化・・・・・本来なら諸手をあげて喜ぶところなのに
作画が韓国人・・・・別に韓国人全般を差別するわけじゃないが
よりによって反日の人間がなんでよ・・・・・泣きたくなってきた
156 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/21(金) 01:57:49
北方三国志で感心したのは、荊州の陥落を関羽のせいではなく、
呉と魏の同盟の可能性を想定していなかった孔明の戦略ミスとしたところ。
157 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/21(金) 09:05:08
河承男反日なのか?
詳しくは知らんけど、普通に日本でも活動してるみたいだし、
わざわざ日本人の原作で描くのなら、そうでもない気がするが
158 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/21(金) 09:10:39
右でも左でもない話だし、作画の思想なんてどうでも良いわ。

てかもっと若い人にウケそうな絵柄の人にすりゃいいのに
水滸伝の時も思ったけど。

若い人を取り込む余地の多いコンテンツだと思うのに、
知らない人が「北方謙三の三国志」なんて文字を見たら確実に実際の3倍くらい難しいものを想像しそう。
161 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/22(土) 09:43:59
全30巻。
横山三国志に次ぐボリュームで、この作画と思うと……
162 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/22(土) 09:47:09
好きに選べるなら誰に描いて欲しかった?

俺は、井上雄彦かな
165 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/22(土) 18:06:02
関平「父上、最近漢水が臭うのですが。」
関羽「曹操が率いる兵は40万と聞く、兄上の兵も10万近い。何も不思議は無いであろう。」
167 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/23(日) 23:50:44
レッドクリフ実況で、ナニゲに北方三国志を押してるのは
ここの住人であるかな?
168 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/24(月) 01:06:23
http://ec3.images-amazon.com/images/I/512CAE0Y27L._SL500_AA300_.jpg
http://g-ec2.images-amazon.com/images/G/09/ciu/d4/27/b7f2d0b28fa0560d03f36110.L._SL500_AA300_.jpg

この男に、すべてを、任せていいのか
心に問う、もう一度問う
これで、いいのか
169 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/24(月) 01:17:25
>>168
不買、それしかなかった
171 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/24(月) 09:00:29
献帝の苦悩は、いかばかりであったろうか。
400年。その王朝が、自分の代で潰える。
彼と比べれば、我が悩みのいかに小さいことか。
172 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/24(月) 12:12:22
昨晩、れっどくりふとやらを見た。
なんなのだ、あの最後は。
173 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/24(月) 12:50:48
>>172よ。早く、忘れることだ。
174 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/24(月) 16:46:18
>>168
バチョーはちゃんとイケメンに描けよ
176 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/24(月) 17:48:27
>>171が仮性包茎で悩んでいるのが分かったのは
その日の夕刻の事だった。
177 :1712011/01/24(月) 22:42:01
私は
178 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/25(火) 08:25:09
>>177よ、もうよい。
謙三殿さえ、仮性包茎気味だというではないか。
181 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/25(火) 16:35:32
包茎手術の結果を不服として暴れる少年もいるのだ。

男の誇り、尊厳に拘わるものなのだと。
182 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/26(水) 15:00:32
ならばいっそのこと、切り取ってしまえばよい。
183 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/27(木) 00:09:38
斬る。

>>182は、男の誇りを汚したのだ。
184 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/27(木) 20:54:24
やめよ、>>182、>>183。
真性包茎の、>>185のことを思わぬか。
187 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/28(金) 20:21:26
解除が、きた
しかし、これは解除では、なかったのだ
規制解除人が、突然の敵前逃亡、したにすぎない
これからにちゃんねるは、どうなってしまうのだろうか
189 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/29(土) 10:23:25
吉川三国志は一巻で挫折した、続いて北方三国志を一巻読んでみた。
一週間起たずに本の数が十倍近く増えた、何なのだ、これは。
190 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/29(土) 10:24:39
男は平時においても、学問、武芸に励み、戦に備えるものだ。
191 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/29(土) 11:27:48
>>189
ぐっと惹きつけられちゃうよな。武将たちの生き様がリアルすぎ
193 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/29(土) 12:04:09
劉備の乱暴さの肩代わりをさせられたというのは事実
という意味の皮肉だろう
194 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/29(土) 12:05:28
呂布と赤兎、強い結び付きにグッときて粗暴なイメージが払拭された瞬間だった。
そして男達の愛妻家振りにもグッときた。
196 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/29(土) 12:58:23
レッドクリフの実況を開いたが言葉はでなかった
正史厨が必死に映画の間違いを指摘して悦に入っていたのだ
197 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/29(土) 14:09:25
レッドクリフ……

内容はどう改変してもよい。
だか、ラストシーンだけはいただけない。
周愉の追手をあざ笑うかのように華麗にスルーする孔明を見たかった。
198 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/29(土) 19:39:23
>>196
あれは正史厨ではない
曹厨である
199 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/29(土) 20:44:31
赤壁については資料が少なく実際のところはよくわからないのです。
>>196のスレには行く気にもなりませんが、さぞ滑稽でしょうな
200 :無名武将@お腹せっぷく2011/01/30(日) 00:54:35
演義の赤兎凄すぎ
30年は戦場を走り回ってる
日本ダービーに出走させたい


vip_2ch_news at 23:11│Comments(0)TrackBack(0)三国志・戦国 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字