2010年12月28日

秀吉 vs 冬姫

1 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/09/29(金) 08:55:50 ID:QxMoRlev

蒲生氏郷の未亡人に手を出そうとしてあっさり振られた秀吉 m9(^Д^)プギャー


3 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/09/29(金) 10:16:43 ID:5PypPNj4
 冬姫(永禄4年(1561年) − 寛永18年5月9日(1641年6月17日))は、織田信長の次女で、蒲生氏郷の正室。
 出生時、幼少期のことは伝わらず。永禄12年(1569年)に蒲生賢秀が信長に臣従した際、信長は賢秀の子である氏郷(当時は鶴
千代)を人質に取ったが、その器量を見込み、冬姫と結婚させて女婿として迎えた。
 政略結婚であったものの、氏郷と冬姫の夫婦仲は良好で、息子の蒲生秀行と娘一人を儲けている。
 氏郷は信長の死後は豊臣秀吉に従って功を立て、やがて陸奥の会津へと転封するが、文禄4年(1595年)に40歳の若さで他界。
秀行が跡を継ぐが、若年を理由に下野の宇都宮へ減封されてしまう。
 この際の出来事として次のような逸話が伝わっている。冬姫は稀に見る美貌の持ち主であった。それに目をつけた秀吉は、氏郷
の死後、未亡人となった冬姫に側室になるように迫った。しかし、冬姫は貞節を守るためにこれを拒絶、出家して尼となってしまう。
逆恨みした秀吉は、仕返しに蒲生家に言いがかりをつけて減封したというもの。

 まとめるとこんな感じかな。
 この秀吉が冬姫に言い寄った云々の話はあまり信憑性はないようだけど、秀吉ならいかにもありえそうな話ではある。
6 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/09/29(金) 12:16:26 ID:QHkNYJsQ
美人の冬姫に目をつけた秀吉が邪魔な氏郷を殺す。
未亡人の冬姫に側室になるよう迫る。
しかし、はげねずみは嫌だと拒絶、出家される。
秀吉プッチンして蒲生家減封。
9 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/09/29(金) 12:32:51 ID:b1B1ja0e
すでに秀吉が女体化されて信長にガバガバにされてるわけだが・・・
10 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/09/29(金) 12:59:26 ID:yijtI9AC
>1
単独スレたてるほどのもんじゃないと思うけど?

姫スレに書き込めばいいじゃん。
12 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/09/29(金) 20:32:27 ID:Owb76l7N
>>1
秀吉スレ多すぎ。総合スレもあるんだからもっと利用してヤレや
14 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/09/30(土) 10:17:17 ID:dnyyQjpw
まあ、アンチ秀吉憩いの場、ってことでいいだろう。
後、秀吉の性的嗜好について語る、とか。

ところで秀吉が、大名の妻に手を出していたというのは本当なのかねえ。
15 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/09/30(土) 18:01:08 ID:rxyaB7th
>>14
【英雄色を好む】秀吉の側室を性欲面から語るスレ
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1155832816/
 
こんなスレもあるでよ。無駄に乱立させずなるべく既存スレを活用しようぜ
16 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/01(日) 00:15:08 ID:K6mRctkv
蒲生氏郷が死んだのって、秀吉が死ぬ3年ぐらい前だろ。
秀吉、かなりよぼよぼそうになっていそうだけど、冬姫と交尾する能力は残っていたのか?
それとも、本番までできなくても、ペッティングとかして、
冬姫をペットみたいにできれば、それでよかったのか?


18 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/02(月) 00:36:30 ID:/avIfJiu
秀吉は、いつ頃冬姫に目をつけたんだ?
会ったことはあったのか、それとも美貌を噂に聞いたのか。
19 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/02(月) 00:49:38 ID:bdVdycFf
主君の姫だし織田時代に面識があったか、
秀吉の時代になってから臣下の正室として拝謁させたのかもしれない。
どっちにしろいくらでも機会はあったと思う。
20 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/02(月) 08:54:30 ID:sxWINaTX
秀吉なら、氏郷が生きていた間にも、懸想文送りつけるぐらいのことはしてそうw
21 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/02(月) 10:39:59 ID:3fAACGOu
女の趣味がブランド志向だった秀吉は、ある意味、
女という存在に夢を見れるタイプだったんだろうなとは思う
逆に家康は全然夢見れないタイプというか、実用本位というか
ぶっちゃけ性欲と子作りのためだけだと割り切ってるかんじ
23 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/03(火) 21:41:47 ID:zzJhCrC2
冬姫にしたってもう34歳のおばさんだろ。
それでも秀吉は、冬姫の乳を吸いたかったのか?
24 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/04(水) 00:29:14 ID:JQqAOtVr
手に入らないからこそ輝いて見えるものだ


手に入ると途端に興味をなくしちゃう
つまり秀吉は上流女コレクター
25 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/04(水) 19:46:10 ID:geecTUqn
冬姫も、逆にボケ爺の秀吉を垂らし込んで、権力を手に入れようという気はなかったのか
26 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/05(木) 23:26:27 ID:2E8xklQ4
いくら権力が魅力的でも、秀吉のヒヒじじいとチューチューするのは嫌だったんでしょ。
それにライバルとなる側室は多いし、30代では分が悪い。
27 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/06(金) 16:26:34 ID:I5YNm6Bo
秀吉は淀殿に、お前の口を吸いたい、というような手紙送ってるからな。
冬姫の唇も吸うつもりだったんだろう。
31 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/06(金) 23:15:01 ID:7oRoErk0
今回の大河の秀吉がリアルにキモ過ぎてさらに印象が悪くなった
35 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/07(土) 02:52:51 ID:Tk1SIKHI
秀吉は臭そうだもんな、ボケジジィの側室哀れ、まぁその分贅沢してんだから我慢できるんだろうけど
36 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/07(土) 11:03:15 ID:x+lis/KX
冬姫の立場からしたら、大大名の正室だったんだから、贅沢ができると言ったって、
今までとそう変わるものではないし、
もう若くはないんだから、寵愛を得て子を得るのも難しい。
メリットと言ったら、秀吉の機嫌を取り結んで蒲生家の領国を守ることができるかも知れないという、
かなり後ろ向きなメリットしかないし。
それで臭そうな爺さんのペットにされて弄ばれるなんて、割に合わないだろうな。
42 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/09(月) 04:05:45 ID:X4wLRaa/
34ならぶちゃけぜんぜんOKだろ
おまいらは田中美佐子の年齢を知っているのか
43 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/09(月) 15:06:01 ID:elJRor01
口をすうというのは秀頼に対してでは。

ひらがなのオンパレード?女性あての手紙はかな文ですが何か。
45 :秀吉2006/10/09(月) 15:46:05 ID:7nf0BfxL
冬姫ちゃんとチュッチュッしたいよお
46 :冬姫2006/10/10(火) 09:03:54 ID:i6+ULgo0
>>45
お前とSEXするぐらいやったら髪の毛全部剃るわ!ボケ!
47 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/11(水) 15:32:44 ID:kHIkDfY0
山田風太郎の小説「妖説太閤記」は、秀吉を徹底的に好色で卑しく醜悪な男として描いていて、
出世を目指したのも、美しい女を手に入れたかったからだという設定になっている。
多分、数多くの小説で描かれた秀吉の中でも、最も読者に嫌悪感をもたらす秀吉像。

その中で、本能寺の変の後、山崎合戦を制した秀吉は、安土城の焼け跡へ行って、
日野城の蒲生賢秀・氏郷父子に保護されていた、信長の嫡孫の三法師を引き取った。
その時に、三法師を抱いて現れたのが氏郷の妻の冬姫で、早速その美貌に目をつけた。
引き取った三法師をあやしながら、横目で冬姫をじっと見るという感じで。
ついでに氏郷も妹の美少女ぶりも確認。
48 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/11(水) 15:34:05 ID:kHIkDfY0
この部分の伏線はよかったけど、後の冬姫の描写はあまりなく、全体としてお市の方や淀殿が中心。

朝鮮へ出兵する段になって、反対した蒲生氏郷を意趣返しに奥州・会津へ転封。
その際に、冬姫は故信長公の姫で、いまだ治安の定まらない奥州へ行かせるのは可哀想だから、
という理由で、大坂城に留め置くよう命じ、手に入れてしまおうと画策。

秀吉に迫られ、窮地に陥った冬姫を救ったのが、氏郷の妹で、
兄夫婦を引き離すのは気の毒だから、代わりに自分を側に置いて欲しいと自ら申し出て、
冬姫の身代わりとして秀吉の側室になる。

最終的に氏郷は秀吉に毒殺されるが、その後の未亡人となった冬姫を側室にしようとする逸話は描かれていなかった。
51 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/11(水) 16:45:55 ID:TnHaza0v
残念でした。
この時代の美人=デブ・一重糸目・しもぶくれ・足の裏みたいな巨顔
52 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/11(水) 17:22:10 ID:SYnwDRKt
そんなの分かってるよ。
現代人に当てはめたらってこと
53 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/11(水) 17:44:04 ID:4igdPVY/ BE:560487694-2BP(2)
いや
現代と美的感覚が変わらなかったという説もあるぞ。
54 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/11(水) 19:16:38 ID:ElajWlTh
いくらなんでもそれはないと思うが、半世紀だけでも違いが激しいのに
55 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/11(水) 19:29:06 ID:fNSwQBNx
この板って>52みたいに地味にキレ気味な人多いねw
56 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/11(水) 21:51:31 ID:kHIkDfY0
どうせ昔のことだし、今の基準の美人と言うか、自分の理想の美人で、
思い描いて想像しておけばいいじゃん。

にしても山田風太郎ってのは、秀吉がとことん嫌いみたいだね。
妖説太閤記以外の作品でも、かなりひどい描かれようだし。
57 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/12(木) 02:28:41 ID:ID7n750K
冬姫が美人というのは、この秀吉が側室にしようとした逸話が元になっているよう。
秀吉が狙ったんだから、さぞかし美人だったんだろうということで。
それと、お市の方を輩出した織田家は、美形一族というイメージがあるし。

それに秀吉が冬姫を側室にしようとしたという逸話自体、史実ではない可能性が高い。
実際、蒲生家中で紛争があったのは事実なようだし、
いくら秀吉でも、冬姫が言いなりにならなかった腹いせにあれだけの規模の減封はしないだろう。
嫌らしい秀吉から逃れるために尼になったと言うが、
大名の正室って夫が死んだ後はたいてい尼になっているし。

でも、秀吉だと、いかにもやりそう、っていうイメージはある。
58 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/12(木) 20:49:52 ID:c/+0kliq
卑しい出自と醜い容姿へのコンプレックスから、
美しく高貴な女を手に入れて弄びたいという欲望を抱いた秀吉

一族が迫害される中、時の最高権力者を前にしても、
毅然とした態度で下劣な欲望を拒絶した冬姫

賢婦冬姫、最悪秀吉ですな
62 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/16(月) 12:43:55 ID:EG/wzyVE
>>47>>48
妖説太閤記の秀吉ってキモすぎだよね

64 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/17(火) 21:47:26 ID:laIP/+UU
秀吉は冬姫の妹も、蒲生氏郷の妹も側室にしているだろう。
それでも冬姫に手を出すとは、欲張りだなあ。
65 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/17(火) 23:23:01 ID:UIb8VDpq
本命は冬姫だったんじゃないか。
本当は、冬姫をものにしたいが、もう蒲生氏郷に嫁いでいて、さすがに手は出せない。
そこで冬姫の妹の三の丸殿を手に入れて、冬姫の代用品に。
更に、恋敵の蒲生氏郷への怨みは、妹の三条殿を抱くことで鬱憤を晴らす。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/18(水) 23:04:17 ID:Pgb0L3bT
冬姫の姉で、元康未亡人の徳姫にも手を出そうとしたって話もあるw
68 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/20(金) 10:02:23 ID:VQjha+FS
これだけの快楽プレイを楽しんでおいて
死ぬときは露と消えるとか言ってんだからなぁ
69 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/20(金) 11:51:18 ID:ImOi0XFG
どうせなら、冬姫を抱けなかったのが無念だあ、とか言い残せばよかったのにw
70 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/20(金) 23:49:01 ID:nZ5x3gTC
蒲生氏郷は冬姫と夫婦で協力すれば、天下を狙えたんじゃないか?
冬姫が美貌を武器に色仕掛けで秀吉をたらし込んで、
夫を出世、具体的には機内に近い場所に大領を持たせる。
美濃、尾張あたりに90万石あって、前田と手を組めば、
家康にも対抗できそう。
72 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/21(土) 12:00:18 ID:LN2h/13n
>>70
唐を簒奪した後梁の朱全忠は、実子以外にも仮子と呼ばれる多くの養子を持ったが、
息子たちが出征中に、その妻に手をつけるようなことをした。
後継者の座を狙う息子たちも、妻をそそのかして、朱全忠を誘惑させた。
73 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/21(土) 14:23:06 ID:FeYJDafi
後梁があっという間に滅びたコト、どう思う?
それに妻をけしかけた朱友文は実子の朱友珪に殺されてるし
74 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/21(土) 18:54:52 ID:xvX4jbmR
朱全忠は盗賊出身の成り上がり者だから・・・そういや秀吉もw
75 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/21(土) 21:12:30 ID:TMRnFSay
「秀吉厨キモ杉ww」ってのがこの板の定説だけど
このスレ見てると微妙な気がしてきた
77 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/21(土) 23:09:27 ID:wWcJ9YZ7
誰か、秀吉と冬姫のセクハラ小説でも書いてくれ
81 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/24(火) 01:27:24 ID:6Va5Br8z
>>47>>48
妖説太閤記の秀吉はやらしいよなあ
82 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/24(火) 07:42:24 ID:LZoz3eQ+
>>77
「殿下、ご無体な真似はおやめを、ああっ、ああっ、あはーん」
84 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/24(火) 08:41:36 ID:gaIa5K4a
騙されておびき寄せられて
脅されて犯される展開キボン
85 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/24(火) 11:22:19 ID:2zDQoU6A
まず地方で一揆か何か反乱が起これば、蒲生氏郷に討伐を命じて出陣させる。
あるいは朝鮮出兵で、海を渡らせてもいい。
大坂城下の蒲生屋敷には冬姫が残って、夫の留守を守るわけだ。
そこに、秀吉が「偶然通りかかったから」とか何とか言って蒲生屋敷に立ち寄る。
秀吉の来訪とあれば、侍女に任せるわけにもいかず、冬姫自身が応対しなければならない。
料理が出されれば、冬姫が秀吉の隣に座ってお酌をしたりしなければならない。
つまり、秀吉=スケベなお客、冬姫=ホステス、という構図になる。
87 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/24(火) 16:20:14 ID:5fOtRdZE
>>85
秀吉なら、冬姫に口移しで酒を飲ませるように要求
88 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/24(火) 21:18:49 ID:DNKRNyIu
蒲生氏郷は側室を置くことなく冬姫一筋だからな。
へたれでもないし、さすがにそこまでやったら、謀反起こすんじゃないか?
89 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/24(火) 23:06:04 ID:irH6TRXA
でも、妹を秀吉の側室に差し出しているよ。
わりと秀吉には媚びている。
90 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/24(火) 23:12:26 ID:L+hVhUYy
236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 23:45:13 ID:mpzAVXqO
側室を持たなかったと言っても、
あっち方面に興味があったのなら「冬姫だけを愛した」と言えるのだろうか
92 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/24(火) 23:59:59 ID:irH6TRXA
>>90
あっち方面って、信長から習っていたりして。
94 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/27(金) 01:33:32 ID:csdfqG/H
>>84
屈辱をこらえて、蒲生家のために身を任せるというのがよい
95 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/27(金) 13:01:48 ID:mded+D4l
 覚悟を決めた冬姫は、ゆっくりと帯を解き始めた。衣擦れの音と共に・・・
99 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/30(月) 20:20:15 ID:9qZxewGn
冬姫は岐阜城にいた頃から氏郷さんが好きだったのだと妄想
イケメンでオシャレでちゃんとした家の子で頭が良くて仕事も出来ると来りゃあもう
100 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/10/30(月) 20:33:07 ID:iImlGFXj
信長の娘婿

 蒲生氏郷
 前田利長
 筒井定次
 徳川信康

妹婿

 浅井長政
 細川昭元


・・・蒲生氏郷の勝ちですな。
 
101 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/11/01(水) 12:54:08 ID:ESWtIevp
秀吉は、生まれも育ちもいい、イケメン蒲生氏郷にコンプレックスを抱いていた。
そのコンプレックスを克服するために、冬姫を欲しがったに違いない。
102 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/11/01(水) 14:01:25 ID:QhynKW9i
少女「あんたキモいからこないで」

秀吉少年「くっそーいまにみてろ、いつか全国の美女たちを権力で手にしてやる」


これが出世をささえた根性エピ
103 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/11/06(月) 13:37:04 ID:KA+jHuDH
>>102
山田風太郎の「妖説 太閤記」って、まんま、それだよ。
美女を手にいれるために出世を目指したって話だから。
108 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/11/08(水) 12:43:07 ID:rjseMfUn
秀吉は冬姫の妹を側室にしている。
織田家を乗っ取った時点で、未婚で最年長の信長の娘を側室にした。
冬姫も独身だったりしたら、危なかったな。
111 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/11/08(水) 22:51:11 ID:cR0SMP3x
秀吉って、信長の長女で、元康未亡人の徳姫にも手を出そうとして、
振られたとか。
112 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/11/08(水) 23:05:17 ID:ekA90lia
アンチ秀吉もこういう話題の時は
面白おかしく描いた講談・逸話の秀吉像で語るんだな
114 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/11/11(土) 16:51:37 ID:mWMJw8zK
あの時点で側室になるのは、ほとんど痴呆老人の介護だな。
116 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/11/13(月) 00:21:11 ID:W4gMzNHp
>>114
そうか、介護を求めていたのですな。
118 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/11/13(月) 14:17:32 ID:mqBjSFXh
>>116
食べたりも飲んだりも、口移しでする介護
122 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/11/14(火) 16:20:57 ID:bgvLUTuz
少なくとも秀吉よりはイケメンだったはず。
秀吉よりブサイクだったら終わってる。
124 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/11/16(木) 22:59:44 ID:Q2xMqzau
行為の最中、ぺろぺろと嘗め回すようなことをやっていそう。
127 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/11/19(日) 14:48:57 ID:T3Kj31My
ところで、細川ガラシャにも言い寄ったってのは本当なの?
129 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/11/19(日) 16:49:52 ID:AnwiR2p0
>>127
戦国一の嫉妬男、忠興様が
建前上は明智の娘と言う事で、頑として上洛要請を受け付けなかったんで、
秀吉は玉子を見た事も無いはず。
130 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/11/20(月) 12:56:25 ID:vIMTHYyU
秀吉が狙ったけど手に入れられなかった女

お市の方
冬姫
細川ガラシャ
132 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/11/20(月) 23:02:47 ID:EY5nBFgO
岸岳城の波多三河守親の妻・秀の前と名護屋城での戯芸見物を彼女と見たかった秀吉だったが、あっさり誘いを断ら
れた。その為、執拗に名護屋城へ出向くよう使いを走らせた。やむなく、秀の前は名護屋城へ上がり秀吉と戯芸見物を
みるはめになった。そして、その後の酒宴でも秀の前は心浮かぬまま・・・。宴がやっと終わり即刻帰城を願い出たが秀
吉はこれを許さず・・・。
秀吉は、いつまでも自分に心を開かず氷のように冷たい表情を崩さない秀の前のことが腹立だしかった。
その翌日、貞操の危機感を覚えた秀の前は、守り刀を懐に入れたまま再び帰城の申し出をした。この時、秀吉に言い
寄られ守り刀を見つけられた。このことで秀吉は激怒し、急ぎ帰還するよう命じた。このことで秀の前は、見事貞操は守
り帰還することが出来たが、岸岳城は没収され、夫・三河守は妻に会うことなく筑波山麓へ配流の身となった。
133 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/11/21(火) 11:08:13 ID:cCNTts4y
こーいうの読むと本当秀吉と糞川糞康には死んでいただきたくなるね
135 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/11/21(火) 22:56:36 ID:EI9o4srz
>>132
秀吉最悪だな。
137 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/11/22(水) 08:22:26 ID:cYZ3BMI2
秀吉って力ずくで犯すだけの腕力はあったんだろうか?
それとも権力を傘に脅かして、屈服させるだけ?
144 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/11/28(火) 00:44:19 ID:bvMr1nHH
>>132
秀の前はこのころ40代後半(たしか46歳)なんだが
どっちかというとロリコンの秀吉が所望するかな?
第一当時の常識から言っても側室に入る歳じゃない。
なんか後世の脚色っぽいな。
147 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/11/28(火) 15:42:02 ID:8X/xPys4
そうだな。
最近思うんだけど、
作られたヒーロー像を語る板であってもいいと思う。
最強の武田騎馬軍団でも、不敗の聖将上杉謙信であっても構わないじゃないかと。
152 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/11/28(火) 22:59:03 ID:FqExizZQ
>>147
そうだ。夢は大切にしよう。
153 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/11/29(水) 01:40:31 ID:lt0X0RA4
晩年の秀吉はおそらく相当なマグロだろうな。
その農民の出の秀吉にまたがり主家存続のためを思い涙をこらえながら
必死に豊満な尻をうちつける名門武家の娘、未亡人、または正室達。

これぞまさに本当の意味での下克上。
154 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/11/29(水) 12:01:24 ID:AlYMg6E8
性欲というよりは、卑しい出自へのコンプレックスの克服という目的があったように思う。
156 :名無し議論スレにて投票方法審議中2006/12/01(金) 23:18:22 ID:uFx1fdHh
>>154
成り上がり者がやること
159 :名無し議論スレにて投票方法審議中2006/12/05(火) 08:17:56 ID:PvVxRZHF
コンプレックスがあったら、逆に格下の女に走るような気もするけど。
秀吉は男としての自分には、あまり劣等感はなかったみたいだな。
162 :名無し議論スレにて投票方法審議中2006/12/06(水) 18:21:31 ID:nXOhR7JF
妊娠の心配しないでこころおきなくやるために
パイプカットしてたんだじゃない?
163 :名無し議論スレにて投票方法審議中2006/12/06(水) 23:40:04 ID:cSjzgsPg
つか、あの当時って閨ではどんなプレイをしていたのだろうか?
秀吉は何だか異常なことをしていそうだけど。
164 :名無し議論スレにて投票方法審議中2006/12/08(金) 08:57:55 ID:KT3cXAgA
妖説太閤記の秀吉は本当にキモかった。
166 :名無し議論スレにて投票方法審議中2006/12/09(土) 00:36:13 ID:oyhZ63pg
>>164
秀吉のお相手をした女達が、ゲロを吐いたり気絶したりするのにワロタ
171 :名無し議論スレにて投票方法審議中2006/12/11(月) 23:41:48 ID:wxoyYx0Q
綺麗でかつお淑やかな感じの女優さん
年齢は20代後半から30代前半ぐらい
だな
175 :名無し議論スレにて投票方法審議中2006/12/17(日) 12:12:08 ID:OlZ0BPQy
>>163
口を吸っていた
181 :名無し議論スレにて投票方法審議中2006/12/24(日) 16:15:34 ID:ECcRPA/w
最近では、冬姫のほうが秀吉に惚れて氏郷を殺して室に収まろうとしたって説が有力になってきたね。
182 :名無し議論スレにて投票方法審議中2006/12/25(月) 12:28:23 ID:+dKy476j
普通にないだろう。
秀吉には既に多くの側室がいたし、大大名の正室の座を捨ててまで、
側室になろうとする意味がない。
183 :名無し議論スレにて投票方法審議中2006/12/26(火) 02:28:27 ID:hl0jRLkX
>>181
ソースは?
聞いたことないし、そもそも秀吉が冬姫を側室にしたという逸話自体、
信憑性が薄いと思うけど。
184 :名無し議論スレにて投票方法審議中2006/12/26(火) 08:06:48 ID:bZGmHtAp
このスレでソースとかどうでもいいだろ。
181はそういうストーリーでオナネタにしてるだけ。
186 :名無し議論スレにて投票方法審議中2006/12/28(木) 15:05:33 ID:NlHUGahR
>>184
ネタにするなら、嫌がるのを無理やりとかの方が人気ありそう
191 :名無し議論スレにて投票方法審議中2006/12/30(土) 01:24:47 ID:5SFUp5UH
池波正太郎スレから転載


60:名無し議論スレにて投票方法審議中 :2006/12/29(金) 17:19:10 ID:BcMHVJGE [sage]
秀吉は冬姫が未亡人特有の妖艶な魅力がたまらない・・のである。
194 :名無し議論スレにて投票方法審議中2006/12/30(土) 16:26:41 ID:/s2hABld
やっぱり冬姫は淫乱だったのか・・・。
うれしい。
195 :名無し議論スレにて投票方法審議中2006/12/30(土) 19:12:55 ID:irwWZezL
>>194は嫌らしい期待に胸をふくらませる秀吉


vip_2ch_news at 01:51│Comments(0)TrackBack(0)戦国時代 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字