2010年12月28日

お前ら先祖の武将を言え

1 :人間七七四年2008/10/11(土) 21:46:24 ID:hJA5kE5k
俺は伊達政宗


2 :人間七七四年2008/10/11(土) 21:54:43 ID:6ksmejnm
>>1
分家の分家の家来ン家の下男の子孫乙
3 :人間七七四年2008/10/11(土) 22:21:02 ID:9lMg0gbc
男系だと
蔭山広氏―広親―広忠―家広―忠広―氏広
で、広氏の父親が足利持氏は仮冒だろうな。
女系もありなら氏広の正室が北條氏尭の娘で、早雲、氏綱にも繋がる。
氏尭の娘が田中泰行からの養女説をとると執権北條に繋がり、
氏尭は訛伝で氏隆の娘とする説なら幻庵、氏信に繋がる。
家譜類は本家が厳重に保管してて手元にないから江戸期は不明だがちゃんと男系で繋がってるのと、家康の血も入ってるんだと。
19 :人間七七四年2008/10/12(日) 21:56:09 ID:4rl1hwiN
先祖は水軍ですが内陸部に住んでます
20 :人間七七四年2008/10/13(月) 02:16:07 ID:Wt+X3dgI
>>19
旧豊後森藩藩士乙。
21 :人間七七四年2008/10/13(月) 13:21:26 ID:R84Rk5dY
一番由緒正しいところを言うと、室町時代(応仁の乱のころ)京都の宮司、名前はわからん。
で、駿河の今川を頼って都落ち、駿河で平氏の落ち武者部落の民の血が入って、
江戸時代は百姓だが苗字帯刀を許されていた。
で、今に至る。家紋は京都時代からずっと下がり藤。
23 :人間七七四年2008/10/13(月) 22:26:35 ID:rMmk522c
木村重成

曾祖母は貧乏で惨めな思いをする度に「世が世であれば十二単だよ」
と口癖のように言っていたとか。
25 :人間七七四年2008/10/14(火) 00:07:29 ID:o5SLCQBl
ここまで穢多非人の子孫達がお送りしました
引き続きお楽しみください
26 :奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM 2008/10/14(火) 00:19:16 ID:G++iFbIc
穢多非人の子孫達と簡単に言うが、彼らは居住区が限られているから
あまり血が外部に出て行かないんじゃないだろうかと真面目に考える。

混血児的に。
27 :人間七七四年2008/10/14(火) 02:38:56 ID:Jexik8IU
>>21
名字帯刀(笑)
>>23
「世が世なら」って歴史に素養のない女衆が好きな言葉だよな。
30 :人間七七四年2008/10/14(火) 09:39:46 ID:dPCn6Dzb
(´・ω・`)ゞ駿河朝比奈氏の子孫が通りますよ!
31 :人間七七四年2008/10/14(火) 19:56:10 ID:VPHPTUtl
>>26
一般人より被差別民のほうが由緒正しいなw
34 :人間七七四年2008/10/15(水) 11:47:42 ID:xWJg1bXW
六角家臣平井家
はいはい誰もしらないおね〜(´・ω・`)ショボーン
35 :人間七七四年2008/10/15(水) 12:23:23 ID:Z/yf6IGc
>>30
kwsk
>>31
賦役か借金取りか忘れたがとにかく平民から不利益な干渉を受けた時に、
平安以来の由緒を持ち出して追い返したりしてるしなwww
38 :人間七七四年2008/10/15(水) 23:22:17 ID:l59SUPce
先祖代々家は口伝で伝わってるんですが
徳島あたりの富岡城と言う城の家老をしていたみたいです

倉庫には殿様からもらった将棋台があったんですが
昔ばあちゃんが正月に餅を置いていたら
ネズミにかじられて今はただの木片になってますw
39 :人間七七四年2008/10/15(水) 23:40:34 ID:l59SUPce
文章がおかしいですね
>>先祖代々家は口伝で伝わってるんですが・・・

先祖代々から家には口伝があるんですが
私の先祖は徳島あたりの富岡城という城の家老をしていたと
教えられてました。

資料も無く本当か疑わしいのですが、長宗我部氏について大坂にも
行った事があるそうです。
40 :人間七七四年2008/10/16(木) 00:36:59 ID:lPECdEQ8
うちの母方の祖母の母方の実家が、楠木氏らしく、
祖母の姉は系図を見たことがあるらしい

一応姓氏辞典にも載ってたが、正直いまや赤の他人のような
ものなので確かめようが無いw
父方は百姓でもやってたんだろうねえ
(というか日本人の9割が百姓だとも言うし)
41 :人間七七四年2008/10/16(木) 22:32:54 ID:xOUKhnE8
武士辞めて帰農したら百姓だし、百姓から成り上がって武将となった
んもいるだろうし、戦負けたらまた逃げて・・・。
そう考えるとけっこうみんなどっかで掠ってるんじゃないかw 
45 :人間七七四年2008/10/22(水) 10:00:08 ID:+Efe71II
48 :人間七七四年2008/10/22(水) 16:59:01 ID:sQSr9Ial
まぁ、自称武将の子孫は大概明治以降数世代のウソや見栄だわな。
うちの先祖は武将ですっていうのは、うちの先祖はウソつきですって言ってるのと同じ。
みっともないことこの上ない。
49 :人間七七四年2008/10/22(水) 17:01:07 ID:XB344xqI
よく分からんけど田舎の先祖のお墓へ行ったら
江戸時代くらいから続く墓石が山のようにいっぱい立ってて敷地からはみ出してたw
面白いのは明治くらいから徐々に墓石が巨大化してるんだよなー。
50 :人間七七四年2008/10/22(水) 17:05:04 ID:f9PiHVXA
分家ではなく、本家の人間だっているんだよ
たった千石だけどな
51 :人間七七四年2008/10/22(水) 17:16:02 ID:q+PHU1Hg
徳川家康が先祖です。
個人的には信長とかのほうがかっこよくて羨ましいけど贅沢はいえない。
52 :人間七七四年2008/10/22(水) 17:41:28 ID:WljUrwEF
>>51
江戸時代にいた
家系図屋さんにでも
家系図書いてもらったのか?
53 :仙台藩百姓2008/10/22(水) 18:15:21 ID:N+8cfg4Q
いや、普通にいるお( ^ω^)
家康の子孫みたいなのを馬糞茸と言うんだお
あの欲ボケ爺は飯食うのと子作りが特技のようなものだし
家康の血引いてる人間なんて腐るほどいるお┐ (´ω`) ┌
大名の子孫としては圧倒的に多いお
54 :人間七七四年2008/10/22(水) 18:48:53 ID:UZ1qSO7b
>>51
うちも先祖が家康です。松平だから庶流もいいとこですが。
伊達とか武田とかがよかったなあ。こればっかりは変えられないのが辛い。
56 :人間七七四年2008/10/23(木) 07:57:16 ID:Wgy5fY8s
静岡だからか、旗本御家人の松平は何人か知り合いにいるよ。
小中高の頃だからうろ覚えだが、元カノはたしか水戸系だったと思う。
元カノとその母親と弟達が歴史に興味無くって、系図や家伝の品々を見て喜ぶのが俺だけだったらしく、
その娘のお父さんには可愛がってもらってたんだが、途中で離婚しちゃって元カノは母親の名字になっちゃった。
母親が厳しい人で離婚以降会わせてもらえなくなって別れたが。
57 :人間七七四年2008/10/23(木) 12:04:22 ID:oY/Vetbu
水戸系…先祖の敵だな
59 :人間七七四年2008/10/24(金) 21:34:42 ID:HgK3Jc/K
>>45 おおありがとう
系図に定○ってのあるよ 字が汚くて読めないがw
六角家が潰された後佐々成政について行った理由が理解できました 感謝
60 :人間七七四年2008/10/29(水) 01:51:51 ID:IjlGWXpn
なんだ、駿河朝比奈は自称かw
62 :人間七七四年2008/10/29(水) 03:06:27 ID:6wvsxPQ0
遠祖は紀貫之ということになっております
百姓の子孫でどうかんがえてもうそっぱちなんですが
何故彼をチョイスしたのかが不明
どうせ嘘つくなら
もっと一般的な源平藤橘とかにすりゃいいのに
なぜ紀氏を・・・
63 :人間七七四年2008/10/29(水) 03:43:30 ID:IjlGWXpn
>>62
源平藤橘は単に皇后を輩出した氏であってメジャーな氏とかの区分じゃないから。
公卿補任なら源平藤紀の方が適切。
戦国の武家でも称紀氏は橘と同じくらいいたよ。
地方国司が多いから系図が繋げやすいしね。
名門だけどマイナーだから信憑性を損なわず、
戦国期には家格の高い公家がいなかったのと皇別じゃないから名乗るのに後ろめたさがなかったんだろう。

神別だと系図に宗教集団的な色彩があるから紀氏所縁の神社にちゃんとお参りすればアリだと思うよ。
65 :人間七七四年2008/10/30(木) 04:10:11 ID:byHj0/8T
声優の生天目さんも
語った家系伝説によると生天目(生田目)氏で
大元は>>62とおなじ紀氏だよね
68 :人間七七四年2008/10/31(金) 04:12:49 ID:QJ0M1bYY
具体的な名前も時代も証拠も何一つ伝わってないのに
「戦国時代初期まで肥前で藤氏系菊池の流れの豪族やっていた
竜造寺にぼこられて滅亡の際に家臣に連れられて脱出し
山陰まで逃亡した庶子が我が先祖」だってさ
この条件に当てはまるの誰なんだろうと気になってるんだが
いっこうににわからん。俺の苗字と同じ苗字はそこには一人もおらんはず・・・
そもそも中国地方の一介の豊かでもないむしろ貧しい農民がなぜ九州の竜造寺家などという
敵の名前だけ具体的にわかっている家系伝承が伝わっているのかもわからぬ
爺さんの親父がいっていたので少なくとも大正初期にはこの戯言は成立していた模様だが
だれが創ったんだろ?なんで創るときにどうせなら地元の山名とか中国地方の豪族とつなげなかったんだ?
なぜ肥前・・・なぜ竜造寺・・・
なんかもう竜造寺さんにもその藤氏菊池さんにもその子孫の方にも失礼な話でほんと申し訳ない
そもそも菊池は肥前んじゃなくて肥後じゃねーの?
突っ込みどころありまくりの僭称丸だしで恥ずかしくて他言もできん・・・
70 :人間七七四年2008/11/02(日) 00:44:51 ID:0tgtbTFC
落ち武者狩りで名を馳せた土民の子孫ですが。
72 :人間七七四年2008/11/02(日) 03:04:08 ID:CYRNpuug
>>68
なんかあんじゃねーの?
名前が出てるわけだし
73 :人間七七四年2008/11/02(日) 03:35:37 ID:HzHKvaag
>>70
かこいい
落武者狩りしたのが伝わってる家ってとっても珍しいね
なんだかんだと危険な任務だったろうに
77 :人間七七四年2008/11/04(火) 18:41:05 ID:I0X2CAkz
祖母が藤原系らしいけど…何か結構確かな話らしい。
ただ摂関家とかではなさそうだし奈良なんで、もしかしたら大中臣かと勝手に解釈
祖父は北畠系なんだそうな、ウチには確かな証拠は無いけど近い同族に証拠があるとか…

武士だとカッコ良いのだけど、どちらも貴族の端くれ
せめて堂上だと良いのだけど。
78 :人間七七四年2008/11/04(火) 20:26:32 ID:O5LNSmgg
>>77
>らしいけど…
>らしい。
>なさそうだし
>もしかしたら
>勝手に解釈
>なんだそうな
>あるとか…

素直にわからないと言え。
こういうのが一番滑稽で情けない。
79 :人間七七四年2008/11/04(火) 23:45:54 ID:I0X2CAkz
いや、素直に言うと親以上の世代はハッキリ言い切ってるんだが
俺自身、あんまり信じて無い訳だ。
仮冒アリ自称アリ言ったモノ勝ちな時代もあった訳で。

だから堂上家か何かだと否応なく明治期に華族でハッキリする。
と言ってる訳だ
もちろん先祖代々の水呑百姓という証拠が有っても良い。
まぁ百姓だとそんな証拠が残る階級じゃ無いけどな。
80 :人間七七四年2008/11/05(水) 00:09:02 ID:y/p4xvaw
うちの先祖は明治初期は漁師やってたらしいから、多分その前も漁師をやってたんだろう。
83 :人間七七四年2008/11/05(水) 14:05:23 ID:6LOXsR0a
どうせなら熊沢某並みのホラ吹けよ
84 :人間七七四年2008/11/05(水) 15:04:22 ID:8iqQpf1+
大きな嘘ほどバレないって言うからね
エリザベス女王の従兄弟とかw
85 :人間七七四年2008/11/05(水) 20:00:12 ID:uXT1AUBs
>>83-84
明朝滅亡時に朱元璋が台湾経由で日本に逃れてきて、うちがその末裔でさ、、、

これ、当家の家督継承者以外には絶対に話しちゃいけない完全極秘の話だから他言はするなよ。
86 :人間七七四年2008/11/05(水) 22:19:34 ID:fkf4FODN
そういえば赤穂浪士の中に自称孟子の子孫という奴がいたな。
90 :人間七七四年2008/11/06(木) 13:41:49 ID:i2kowzmK
その落人が10人おりまして
変な称号が村の各家にあって
変なしきたりでたいまつを何とかする係を子孫たちがやっている
92 :人間七七四年2008/11/06(木) 20:59:24 ID:My2bIkMK
関東の守護大名崩れ。
御先祖使って信長の野望クリアしたいが能力値が…。
93 :人間七七四年2008/11/07(金) 00:29:40 ID:GC9uUxWf
うちは合衆国皇帝にしてメキシコの庇護者の嫡流らしい
99 :人間七七四年2008/11/07(金) 19:07:43 ID:Om3Fkim2
武将じゃなくてすまんが

天照大神
102 :人間七七四年2008/11/08(土) 01:36:51 ID:tmvypQzj
名跡を継いでいるのなら、「多分」などという言葉は出てこないかと。
106 :人間七七四年2008/11/09(日) 11:36:27 ID:XLsA9YNh
>>86
武林唯七孟隆重は、帰化した初代(祖父)が実際に孟家の族譜に載っていて、ニュースになったことがある。
109 :人間七七四年2008/11/15(土) 18:13:12 ID:kz0fKS3C
先祖の数代は豊後の大友氏に仕えていたな
それから以降は没落して帰農した
111 :人間七七四年2008/11/16(日) 23:52:10 ID:rBBHCIiv
>>1
サンドイッチマン伊達乙
113 :人間七七四年2008/11/18(火) 18:02:56 ID:EYjktN9x
四国の公家出身の大名
滅ぼされた後子息がしばらく隠れてたが宇和島藩伊達家に匿われて家臣として生き残った
114 :人間七七四年2008/11/19(水) 00:48:28 ID:Ju74ifF4
オイラ 財団法人職員
一代前 遊び人(賢者に転職する前に酒の飲みすぎで若くして死去)
二代前 鹿島建設→酒飲み(酒の飲みすぎで死去)
三代前 帝國海軍士官→国鉄→酒飲み(酒の飲みすぎで死去)
四代前 帝國海軍士官→酒飲み(酒の飲みすぎで死去)
五代前 越後長岡藩藩士→軍人(酒の飲みすぎで死去)

その前 武将はいないっぽいorz




117 :人間七七四年2008/11/19(水) 10:00:31 ID:N2AwYJWB
じいちゃんが養子に入っただけだけど加藤清正

凡百の加藤家とは違うのだぁ
118 :人間七七四年2008/11/19(水) 12:36:38 ID:UsKA/5LV
なあ、うちの本家は江戸時代に火事で系譜が消失したらしいが、鎌倉時代から
の由緒正しきお百姓さんらしい。
でも、ただのどん百姓で、系譜あるものなのかな?
今はその火事以降の系譜しかない。
面白いよ〜、何代も同じ名前でやんの。世襲かねぇ。
119 :人間七七四年2008/11/19(水) 13:46:40 ID:npHYiT2o
>>117
そこまで言うなら詳しい系図を教えてもらおうか
120 :人間七七四年2008/11/19(水) 14:04:42 ID:zPcyLNz+

俺は○○の子孫だ!って言う人達て、家系図とか見て言ってんのかな? 

本当なら正直ウラヤマシス… 

俺んとこなんてさっぱりわからんorz 

親父に聞いても「さぁ?」婆ちゃんに聞いても「本家が百姓だで、百姓じゃろ?」 

とか適当だし。
121 :人間七七四年2008/11/19(水) 14:33:14 ID:mvYBMvns
>>120
俺の家もそうだよ、全くわからない
母親に聞いてみたところ

「苗字に田がつくからきっと農民じゃないかね…?」

というから大名には織田や武田などがいることを教えると

「じゃぁその人たちが農民になっちまったんだろうよ」

などと言う始末。正直わかる人は羨ましいよね
因みに家宝とか家系図とかもないし、俺と同じ名字の戦国武将は存在しませんorz
122 :人間七七四年2008/11/19(水) 15:31:26 ID:8XL6cYFX
>>120
俺もそう。
一応、母方本家は武士。家系図も有り。
ただし江戸後期からのみの家系図で中途半端。戦国武将までは遡れない。
123 :人間七七四年2008/11/19(水) 15:36:16 ID:8XL6cYFX
途中カキコ
当の本人らは歴史には無関心。
武将よりも明治期に天皇の近衛兵やってた先祖がいるのが自慢。
124 :人間七七四年2008/11/19(水) 16:11:58 ID:vKsddEs3
俺は江間家の子孫や

じいちゃんと墓参り行った時に、家紋が三つ鱗やった
俺は間違いなく北条家の血を引いてる
126 :人間七七四年2008/11/19(水) 16:57:30 ID:npHYiT2o
>>124
そこまで言うなら詳しい系図を教えてもらおうか
127 :人間七七四年2008/11/20(木) 00:08:48 ID:12lv5RLR
父方が武家
家系図の写しと、同じ筋の他の分家4家くらい合わせた代々の墓がある

でも爺ちゃんが産まれてすぐ親を失って、母親の姉妹の実子として育てられた経緯から
本家を名乗ってる家に「どこの馬の骨ともわからん奴を代々の墓には入れられない」
とか言われて、親がぶちきれてほぼ絶縁みたいで詳しい事が聞けなくなった

そんなわけで自分は家紋も苗字もありきたりだしサラリーマンだし
あんまり信憑性が湧かない
128 :人間七七四年2008/11/20(木) 14:42:01 ID:sesGj7Tq
家系図を見たら大江広元の四男季光の末裔でした
俺に至るまでに戦国武将がバンバン出てきた…
ずっと百姓の子孫だと思ってたから驚いた
129 :人間七七四年2008/11/20(木) 18:23:44 ID:KCwZxlUo
毛利の末裔って多いんだね、やっぱ。テレビで何度も見たことある。
金持ちの坊ちゃんで性格悪そうな奴が出てきたときは絶望したのを憶えてる。
130 :人間七七四年2008/11/20(木) 18:31:15 ID:6xusFcV7
孔子の子孫が144万人増加、計200万人を超える
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081120-00000034-scn-cn


・・・なんて言うかさ・・・うん・・・うん・・・そういうこと・・・
131 :人間七七四年2008/11/21(金) 04:29:57 ID:CHfjyauG
>>129
毛利は乃木家乗っ取りもしてるから悪いイメージしかない。
西園寺家も毛利からの養子が継いでるし、これはまぁ仕方ないけどいつまで戦国やってるんだと小一時間(ry
133 :人間七七四年2008/11/21(金) 10:08:51 ID:cziAin4n
>>128
毛利庄が近いだけに、大江の末裔っては結構聞いたなぁ。
あと波多野系。
意外と、三浦がいないんだよね。
135 :人間七七四年2008/11/21(金) 23:30:25 ID:HPzHJQ6X
先祖は九郎判官義経です。
祖父は昭和20年まで満州にいましたが戦後引上げで750年ぶりに帰国しました。
今は清和源氏直系会を運営し子孫の親睦交流に勤しむ毎日です。
子孫である証明として弁慶愛用薙刀の柄の一部を秘蔵しています。
136 :人間七七四年2008/11/22(土) 09:34:31 ID:WpqNW9Zp
>>135
仮冒例かー
興味あるなぁ
137 :人間七七四年2008/11/25(火) 12:59:51 ID:TpZWacD4
>>135
>>750年ぶり
モンゴルの王族?
139 :人間七七四年2008/12/03(水) 02:03:50 ID:hMPcejoh
陶に滅ぼされて逃げ出した大内家の三男 らしい
家は愛媛だが、中国地方から愛媛に逃げ延びた らしい
苗字が違うが、それはもう大内を名乗れなくなったから らしい
蔵に甲冑があるが、それは加藤清正のもの らしい

我が祖父母の言うことながら全く信用出来ん
大内から変わったという苗字ググっても大内との繋がり分からないし、
なんで清正の甲冑があるんだよ…
140 :人間七七四年2008/12/05(金) 01:52:10 ID:4EttCeYw
父方も母方も武家だけど高名な戦国武将には繋がらないだろうな
わかることつったら母方が織田信長の末裔に仕えてたことくらいなもので
141 :人間七七四年2008/12/05(金) 17:43:21 ID:/6rNH1mO
同級生に佐々が居たから成政の姉か妹だかの流れか聞いたら
本人曰く親父はそう言ってたけど自分で調べたら違ったって言ってて
潔さに惚れた
142 :人間七七四年2008/12/05(金) 18:40:00 ID:WZkFLISv
>>123
同じです!うちにも写真があります。もしかしたら同じ時期に近衛兵だったかも。ちなみに薩摩上士です。
144 : ◆jSO/QbGEl2 2008/12/05(金) 23:48:29 ID:fM7/v9k0 BE:249105582-2BP(500)
北畠家家臣、織田に通じた志摩 木造勢と寡兵で闘い悉く討ち死に。
生き延びた人達は北畠滅亡後、岡山で帰農。

母方は太陽の道関係のお寺の住職をしていたり
わらべ歌になるほどの富豪。
没落した今でも、学者やらが尋ねてくるとか。

相方は神奈川の沙々木源氏の末裔。
ドンビキする位の土地持ちだと知り最近知った。
147 :人間七七四年2008/12/06(土) 16:00:19 ID:7+YF3O0A
四国出身の曾祖母曰く、平景清の末裔という人が同じ村の親戚だったそうだ。

すっごいファンタジーな予感がするが、これはこれでわりと嬉しい。
148 :人間七七四年2008/12/08(月) 21:54:41 ID:gPHX3WWw
「ウリャーーーーーーーーーー」とか言って頼朝と戦ったのか?(ww
149 :人間七七四年2008/12/28(日) 22:13:14 ID:tBWBuPK6
立花宗茂が先祖ですが 
有名武将に比べて地味っぽぃですorz
宗茂に子供できなかったから養子なんですけどね
151 :人間七七四年2009/01/15(木) 04:20:18 ID:isKnawod
北条時宗に藤原秀郷に源義光に源満季が先祖だな。

まあ今の俺にはなんら関係のない事ですけど。
152 : ◆LeD1MMOS.k 2009/01/15(木) 10:02:35 ID:ZwCgy7gc
佐久間勝之(佐久間盛政の弟)。
信濃長沼1万8000石の藩祖だが、4代目勝親(養子)の代で廃絶。
その後は200俵高の旗本。
153 : ◆LeD1MMOS.k 2009/01/15(木) 10:39:09 ID:ZwCgy7gc
ちなみに勝之の母は柴田勝家の姉(妹という説もある)で、妻は
佐々成政の娘。
154 :人間七七四年2009/01/15(木) 10:57:15 ID:jWB7/78G
ちょっと考えてみてみよう。
俺には親父が1人居る。
爺さんは母方も入れて2人か、ひい爺さんはえっと4人になる訳か。
ひいひい爺さんは8…16…32…64。
始まったな俺、たった7代で爺さん64人ゲットだぜ!

でっその後も順調に128、256、512、1024、2048、4096。
13代前、流石にこの辺から戦国時代に掛ってそうだな…4096G(爺)。

足らねえ、これじゃ流石に爺が足らねえ。
戦国時代と言えば人口2〜3千万人程度だろうが、戦国武将クラスだと流石に上位1割切ってる筈。
戦国時代は諦めた、更に踏み込んでみよう。

8192、16384、32768、65536、131072。
おっし、18代前にしてようやく大台突破。
13万人の俺の先祖様(爺限定)が一堂に会してるかどうかは定かではないが、流石にこれだけ居れば名のある奴も居たと思うわ。
時代にして応仁の乱くらいじゃね?戦国時代始ったな!

だがまだまだ、そしてその後も順調に爺をたどっていく…。

あれ?俺の24代前の先祖爺様達だけで8千万人突破したんですけど…。
24代前となるとまだ室町時代か鎌倉時代だと思うんだが、当時の人口は確か1千万人居なかったような??

これどういうこと?
156 :人間七七四年2009/01/15(木) 11:53:45 ID:P3/2ECL4
藤原南家 工藤流 伊東政世だょ 庶流だから 家紋は丸に木瓜です
157 :人間七七四年2009/01/15(木) 14:13:26 ID:THIauUBi
狩野永徳の子孫です
158 :人間七七四年2009/01/15(木) 14:37:06 ID:MwOGOWNL
>>157
ラーメン!
漬け麺!!
君イケメン!!!
159 :人間七七四年2009/01/15(木) 14:54:06 ID:vU9v82E7
>>154
系図厨の入り口にようこそ。
161 : ◆LeD1MMOS.k 2009/01/15(木) 16:30:42 ID:ZwCgy7gc
>>154
その大半が重複してるからだよ。
サラブレッドの牡系の祖先はたった3頭しかいないし、世界中の
サラブレッドの80%くらいはそのうちの1頭(ダーレーアラビアン)
の子孫。
165 :人間七七四年2009/01/17(土) 21:08:11 ID:npq+Azs8
みんなすごいなあ自分の家は家紋も持ってない。
唯一いえることは自分の家近くに同じ苗字の人がたくさんいてその人たちになんか
関係することかなあ。百姓の子孫なのにこんなスレきてすいませんでした
166 : ◆LeD1MMOS.k 2009/01/17(土) 22:23:09 ID:vYpzjOwi
>>165
土地に同じ苗字の人が多いのなら、その土地に古くから続く一族である
可能性が高いし、苗字が近くの土地の名前と一致している場合などは、
地元の豪族などの子孫である可能性が高いよ。

戦国時代の武士の中には江戸時代に入って帰農した者も少なく
なかったので、江戸時代に百姓だったとしても戦国時代については
調べてみないとわからないよ。
168 :人間七七四年2009/01/18(日) 04:29:38 ID:11jC4py4
うちの初代は土屋与一。

誰やねん。
俺で29代目。
169 :人間七七四年2009/01/18(日) 07:47:00 ID:dZaaSv9I
>>168
そこまではっきりしてたら初代より先は不明でも適当な由緒作って系図繋げちゃえばいいよな。
170 :人間七七四年2009/01/18(日) 09:41:03 ID:sogWk1xW
>>166
勝手に名乗るケースが大半を占め可能性ならむしろ低い。
171 :人間七七四年2009/01/18(日) 12:17:39 ID:KGbNuHtV
>>165うちの近くに、同じ苗字がかたまってるなら、おそらく戦国以前は武士ですよ。東日本なら更に確率は高いでしょ!おそらく、帰農組では?

調べる価値ありでしょう。家紋だって、ベースはわかると思う。たとえば、カタバミだとか、TSUTAだとか… 

大体兵農分離が完成した江戸期以前は、半農半士の人達がものすごく多かった訳で…

郷土史実を漁ってみるてもありかもです。
172 :人間七七四年2009/01/18(日) 12:37:56 ID:X1FcCyr6
ウチの先祖は備中の土豪
関が原以降毛利に従って萩に移住。
維新ではボケッとしてて新政府の役人になれず結局北海道へ移住
俺自身もトコトン要領悪い。必ずチャンスは見逃すか悪い方を選択してしまう
174 :人間七七四年2009/01/18(日) 13:06:07 ID:/s3G9kJF
>>168
土屋氏なら桓武平氏か、一色氏の流れがあるけど、違うのかな?
175 :人間七七四年2009/01/18(日) 15:01:25 ID:yUzWN+1N
>>170
大名とか家老格なら可能性低いだろうが、

土豪で、かつ江戸期の藩では身分低い奴の武士の子孫なら可能性高いんじゃないかと。
176 :人間七七四年2009/01/18(日) 19:36:08 ID:YQ4z0Xjc
平氏と源氏が戦ってた時に活躍した人が父方の先祖、と言うのを本家の人が言ってた
177 :人間七七四年2009/01/18(日) 19:46:31 ID:11jC4py4
>>174
実家は千葉ででかい家があるけど、今は誰も住んでないよ
祖父の代から東京にいるよ
178 : ◆LeD1MMOS.k 2009/01/18(日) 20:04:32 ID:LnGX9ys4
179 :人間七七四年2009/01/18(日) 20:15:53 ID:OKFw69Y8
>>178
土屋氏は、確かに土浦周辺の名家として今も残っている家柄だが千葉の土屋与一とやらの関係が不明すぎ
意味のないwikipedeiaはるな
180 : ◆LeD1MMOS.k 2009/01/18(日) 20:53:53 ID:LnGX9ys4
>>179
なんであなたが怒るの?
181 :人間七七四年2009/01/18(日) 21:09:25 ID:OKFw69Y8
>>180
1、wikipedeiaを説明もなくリンクだけはる
2、名字が同じなら、子孫みたいな短絡的な思考

見てて馬鹿だろうと思ってしまう
182 :人間七七四年2009/01/18(日) 21:09:28 ID:u6vFhMn4
お前ら先祖が誰々とか詰まんねえこと自慢してんなよ

俺? 俺が先祖になるのさ!
183 :人間七七四年2009/01/18(日) 21:31:32 ID:eerEmdkH
>>166 >>171
苗字を出すと金子。よく2chとかで金子とか金田とか金本は在日って言われるけど自分もそうなのかなあ。
自分の地域は金子って苗字たくさんあるんだけどみんな在日なんでしょうか?
家紋もないし不安。住んでるとこ岐阜県。

184 :奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM 2009/01/18(日) 21:37:09 ID:xHbU9Wbq
飛騨で金子なら珍しくないやん。
4区の衆議院議員を挙げればすぐに在日じゃないのは証明できそうなもんだ。
185 :人間七七四年2009/01/19(月) 01:01:46 ID:3+8f1YL0
金田という姓も、地名由来で非在日の純日本人の可能性はあるし、
金子氏なら戦国時代、四国にもいたよ。
金がつくからって在日とは限らない
186 :人間七七四年2009/01/19(月) 01:16:03 ID:1Plccspk
母校が開校50周年記念に刊行した本に卒業生全員の年度別名簿が載ってて、
在日は通名の後ろに括弧で本名が書いてあるからすぐにわかるんだが、
金とか一般に在日に使われると言われる字を含んだのは極少数。
だいたい普通は妻とか母方の名字使うしな。
野球の金村義明みたいに未だに日本人の血が入ってなくて嫁まで在日なんて稀。
187 : ◆LeD1MMOS.k 2009/01/19(月) 01:19:15 ID:fgGKQ668
>>181
あなたが怒る理由になってないし、2.は一方的な思い込みでしょ。
188 :人間七七四年2009/01/19(月) 01:26:05 ID:jh3gj+Cf
>>183
在日も含め日本(だけではないが)の歴史には隠したい事だらけ。さらに隠蔽と捏造の繰り返し。

戦国時代に至っては…
189 :人間七七四年2009/01/19(月) 03:32:44 ID:QBeSHUxQ
>>183
てか、その「金子」さん達の職業及び人となりをみれば一発じゃん!
自分の周りを見て、金貸し、パチ屋、焼肉屋、それに芸能方面やヤクザなんかに縁が無い、若しくは薄いのであれば
まったく問題なし。
堂々と振る舞うよろし。
190 :人間七七四年2009/01/19(月) 04:27:01 ID:Qn/oXRBa
>>182その心意気は買うが、そんならここに来るな
191 :人間七七四年2009/01/19(月) 04:36:11 ID:Qn/oXRBa
>>183かりに在日だとすれば、かたまってすんでいるのであれば、必ず、周りと違ってくるはずだし、上の人がいうような、連中がたくさんいて、まわりからも違うめでみられるから、あなたに自覚がない以上あなたは日本人だ。 

金丸や金子は、金本や金村とはちがうんじゃない?
193 :人間七七四年2009/01/19(月) 05:50:00 ID:mOlrWwrY
在日が金(きむ)の字残して金田 金本 とか日本名にしただけっしよ、

自分の事知りたければ区(市)役所行けばいいじゃん、

話スレに戻して
藤原南家 為憲流 伊東氏だょ
戦国時代だと伊東祐兵、伊東政世、伊東長実 一族だけど 
内は北条早雲に伊豆で破れて船で東京に逃げた家系
東京品川当たりに今もその系統の伊東氏多いよ

その伊豆から逃げた伊東氏の名前知ってる人いたら教えてよ?
194 :人間七七四年2009/01/19(月) 06:28:49 ID:1Plccspk
>>193
お前が知らないってことはただの自称子孫ってことじゃん
195 :人間七七四年2009/01/19(月) 07:59:43 ID:mOlrWwrY
>>194
江戸時代 旗本伊東家までは系図でさかのぼる

196 :人間七七四年2009/01/19(月) 10:57:37 ID:So21xf3A
>>193
頼朝が伊豆の流人だった時代に監視役をしていた伊東祐親の伊東氏かな?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E6%9D%B1%E6%B0%8F
↑いちおう系譜は載ってるけど、伊豆の一族に関しては記述がないね。

http://www2.harimaya.com/sengoku/html/itou_k.html
↑ここにも系譜があるよ。
197 :人間七七四年2009/01/19(月) 11:45:18 ID:mOlrWwrY
>>196
ありがとう その伊東氏 その系図は皆知ってるんだけど 俺の場合 内にある系図だと伊東氏27代目になってるんだけど

どうしても戦国時代の三代位 系図が繋がらないだよね

それ繋がれば藤原鎌足までさかのぼれと思ってさぁ

199 :人間七七四年2009/01/20(火) 12:17:57 ID:dNDHQxGO
Wiki眺めていたらオノ・ヨーコが小野和泉こと小野鎮幸の子孫で吹いたww
立花宗家とジョンレノンは付き合いがあったのかね?

ちなみにオレは名も無き下級武士の末裔だよ
200 :人間七七四年2009/01/20(火) 17:26:18 ID:6NZUBJfx
調べてみたが6代前までしか判らなかった。しかも山形県って行ったことも無いしな。そういう事なので最上か伊達でいいや。


vip_2ch_news at 01:50│Comments(1)TrackBack(0)戦国時代 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by イッシー   2014年01月30日 17:10
俺は徳川家康

コメントする

名前
URL
 
  絵文字